本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国式事件報道


「英国式事件報道─なぜ実名にこだわるのか」澤 康臣著は、アミュージング事件簿かと思って読んだら、ワンセルフなインフォメーションに関するプロブレムブリングスートのブックです。
イギリスでのイベントインフォメーションのトゥルースがベリィインタレスティングに、やや内ディレクションインダストリー向けのきらいはリメインします。ライターはニューズカンパニーでソサエティークラブのリポーターをしていて、ワンイヤースペース休職をとり、英国オックスフォードユニヴァーシティーでジャーナリズムを学び、そのチャンスにフィールしたデイオブマンス英の報道のディッファレンスをテキストにまとめているのです。
売春婦が殺されるイベントが4人連続で。過去にゲットアップしカットオフしジャックを思い起こさせる、凄惨でセンセーショナルなイベントだったのです。
ライターが驚いたのは、新聞がこのイベントのディーテイルをエブリデイ、大きなスペースを取ってインフォメーションし、ダメージ者のリアルネームも当然のようにアピアーしたのです。親やフレンド、フレンドのコメントもリアルネームでインフォメーションされ、ダメージパースンの親のインサイドには、ドーターのビジネスをインフォメーションで知らされたパースンもあったというのです。
ジャパンなら考えられないことですが、ダメージパースンのビジネスからして、サービスにファインさが求められる。またジャパンでは、イベントダメージパースンのリアルネームを出さないアクティビティーが近年はより強まっているのですが、英国の新聞はリアルネームをテイクアウトし、フェイス写真をテイクアウトし、そのライフを克明に追ったのです。セイムワークをしているウーマンにインタビューをして、「15ポンドビローではホワットもしたことがない」という、ストロングなニューズストーリーをプレイスオンした新聞もあった。説明をアッドする。15ポンドビローではしたことがないとはつまり、その金額ビローではワークをレシーブしたことがない、カスタム交渉をしたことがない、というミーニングなのです。15ポンドはヘロイン一バッグが買える、リーストの金額である。そのワードはゼイが麻薬のカスタムパースンであり、そのために売春をしていて、さらにステップをウォッチするゲストがメニーなことを物語っているのです。ゼイのワークのディープににまで、切り込んだニューズストーリーと言えた。
一方でイベントのパッセージや、ポリースからの発表はそれほどインポータント視されない。英国の新聞は、イベントをレットパスしヒューマンをドローし、ソサエティーにプロブレムをブリングスートするのがそのパートと言える。事件関係パースンのネームを秘することは、ゼイの存在をシンボルにすることだ。そのパーソナルヒストリーも、そのライフも語られることがなくて、どうやってイベントをヒューマンのストーリーととらえることができるだろうか。
ニュースとはつまり、ヒストリーの一シーンなのである。それが無味ドライで語られることは果たしてライトなのだろうか。その人の姿をリポートすることが、トゥルースの報道ではないのかと、バイワンセルフのワークをターンヘッドしながらライターはトラブルする。英国でもやはり、イベントをトークしたがらない関係パースンもメニー。パブリックのアイディアが広まっていることから、一ディグリーフロントにアピアーしたインフォメーションはパブリックなものとされ、アフターディスロングに使われても文句を言えない状況ができている。
イベントダメージパースン、関係パースンはそのことをトークしたいとシンクすることがある。知ってほしいと思うのだがイベントの興奮、混乱がフィニッシュすると、スピークしたことを後悔することもある。英国のインフォメーションにもやはりプロブレムはあるのです。たくさんのインフォメーションオファーパースンとやり取りをするジャーナリスト。リストラにおびえ、薄給ながらもワークにやりがいをファインドアウトするリポーター。英国の報道メカニズムのインサイドがよく描かれています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/856-0e5ef3e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。