本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己信頼[新訳]


自己信頼[新訳]ラルフ・ウォルドー・エマソン著・伊東奈美子訳は、バンドにオバマプレジデント座右の書という文句が書かれています。
ライターのエマソンは、19世紀のアメリカにリブした思想家で、牧師の職をポッシブルしたものの形骸化したチャーチのレッスンについていけず、フィールドに下ってユーのソウトをインベスティゲイションしたヒューマンなのです。
フォームを否定し、プライベートパースンのインサイドにゴッドを見ようとし、アピアランスよりもユーの信念に従ってリブすることをディスとしたエマソンのレッスンは、過激なものとしてコメントをシャワーしたこともあるのです。ワンセルフトラストは、エマソンのそういったソウトをまとめたものです。エッセイ、散文のようなフィーリングで、これまでにもホワットディグリーか邦訳されているのですが、現代ヒューマンにポイントしたメッセージとして新な訳本が出されたのです。
・ワールドのインサイドにあってジェネラルパブリックのオピニオンにフォローすることはたやすい。ひとりでいるなら、マイセルフのオピニオンに従うのはトラブルもないことだ。偉大なヒューマンとは、たとえグループのインサイドにあっても、ひとりのときとセイム独立マインドをキープし、にこやかなマナーでヒューマンとタッチすることのできるヒューマンである。
・ソサエティーに服従することを拒めば、ワールドの不興を買ってむち打たれるだろう。だからヒューマンはアナザーパースンの表情をウォッチして、コンパニオンのムードをうかがうようになる。しかしワールドのイーチパースンの渋面は、そのやさしげな表情とイコールトゥにディープなリーズンなどない。それはウィンドがふくまま、新聞の論調にあわせて浮かんだりゴーアウトしたりする。
・草のリーフや咲きほこるバラをウォッチすると、マイセルフが恥ずかしくなる。アワーハウスのウィンドウのローグレードで咲いているバラは、パーストのバラや、もっとビューティフルなバラをスピリットにかけたりはしない。これらのバラはあるがままに咲いている。神とともにトゥデイというデイオブマンスをリブしている。これらのバラにタイムはない。ただ、バラというものがあるだけだ。
・マイセルフ以外のものに依存しているヒューマンはグループにおもねり、フィギュアをリクエストにするようになる。政党はひんぱんにミーティングをオープンし、ヤングな愛国パースンはマイセルフがビフォーよりハードになったようにフィールする。しかしフレンドよ!ゴッドはそのようなやり方ではなく、まさにオポジットのメソッドによってあなたのインサイドに宿るのだ。アウトサイドからのサポートをすべて退け、ひとりスタンドするときにのみ、ヒューマンはハードになり、ライトをハンドにする。ひとりのワールドは、ひとつのタウンより優れた存在であるはずだ。アナザーパースンにはホワットもリクエストするな。そうすればオールクリエイション流転のワールドにあっても、あなたはオンリーアイドルのポストとして、周囲のものすべてをサポートするようになるだろう。
ワールドからクラウディドアウトすることをフィアーするな。堂々とプライベートパースンであれとエマソンはエクスプレインするが、といって孤立、孤独のヒューマンではなかったようです。思想家とも交流を深め、生涯のフレンドシップを誓ったコンパニオンもいるのです。流されず、個と立ってヒューマンとクロスというのです。
オバマプレジデントが読んでいるというのもうなずけます。リーダーにはネセサリーな心構えなのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

直アド

無料登録するだけで無駄なやり取り一切なく気に入った異性と即直アドが交換できる!後は二人だけで秘密のメールを思う存分楽しんで下さい!直アドなら真剣な出会いを求めている方も必見です

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/863-e39ece60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。