本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい日本語は本当に“正しい”の? みんなでニホンGO!オフィシャルブック


「正しい日本語は本当に“正しい”の? みんなでニホンGO!オフィシャルブック」NHK「みんなでニホンGO!」制作班著は、NHKのテレビプログラムのサブジェクトをブックにしたものです。取り上げられていたワードメッセージは、なんとなく違和感を感じるワードメッセージがメニーだったので、カスタムのごとくへえへえふうんとうなずきながらリードし進めることができます。ワードメッセージのチェンジ=バッドシングという考え方はされていない。ワードはチェンジするものというリーズンで、そのホールストーリーをアンダースタンディングし、新しいものもアクセプトしましょうというスタンスなのです。
「ヒューマン」は実は、ワールドがビサイドを向いたフィギュアをかたどった象形レターで、サポートし合っているのではないというのです。っしょ、というのは北海道スピーチ。うざったいとはもともと八王子近辺の方言だったのだが、ユニヴァーシティーが郊外に移転するに従って、ヤングマンに使われるようになった、などなど。
「スピリットになるビッグプライズ」を、テキスト解説のインサイドから選んで紹介してみます。
・させていただく:最近では「やらさせていただく」「名乗らさせていただく」など、余分なところに「さ」をプットインしてスピークするヒューマンが増えた。ライトには「やらせていただく」「名乗らせていただく」です。過剰矯正と言われるもので、緊張のあまり、ケアフルに喋ろうとベアーアップし文法を超えた表現になっています。このワードをユーズする政治家が増えている。国会ミーティングレコードリファレンスシステムという、国会議員のスピーチをレコードしたデータベースでチェックアップすると、90年以降この「さゲットイン」ワードが急増しています。政治家のワードは社会の変化をエクスプレスするミラー。フロムナウオンはこの「さゲットイン」ワードがコモンセンスになると考えられます。ちなみにこの「させていただく」は、近江商人がユーズしスタートしたワードで、アナザーパースンにサンクスし、おかげさまのマインドをエクスプレスする商人ワードなのです。
・ヤバイ:江戸時代にできた「ヤバ」というワードがワードルートになっていて、ヤバは牢屋のことで、デンジャラスというミーニングです。近年はヤバイはプラスのミーニングで使われている。このラーメン、ヤバイ、と言えば、ヤングマンはそれがおいしい、うまいとレシーブするのです。マイナスからプラスへ。「ヤバイ」はプログレス、成長しているのです。
シミラーしたようなカスタムはフォーリンカントリーでも見られスペインでは、モンストロとはモンスターの意味であったのですが最近ではフラメンコがうまいヒューマン、ギターをプレイするのがアッパーパートなヒューマンがこう称されています。韓国ではチョギンダはキルするという意味だったのですが、マーダーマークにおいしい、ファン、というミーニングになっています。古くは英語のナイスは、ワードルートはラテン語のネスキウスというワードでフーリッシュというミーニングでしたが、プレゼントタイムではよい意味合いで使われています。
テレビプログラムのサブジェクトを、本当にそのままブックにしたものでステージアピアランスパースンの船越栄一郎さん、山崎弘也さん、松本あゆビューティさんらのトークがファンにセンテンスになっています。
「日本人の知らない日本語」というブックでも、ワードは変化するものと書かれています。

スポンサーサイト

コメント

デコとも

必ず出会えるSNSデコログ!恋人から趣味友果ては秘密の関係まで出会い方は自分次第!出会う確立を上げる為にまずは充実したプロフを作ってみようか

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/866-c2573287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。