本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリーの書き方


「ミステリーの書き方」日本推理作家協会著は、現代ジャパンをタイプするミステリーライター137名が、ワークに対するソウトを語っています。テーマはそれぞれでプロットの立てパースンだとか、キャラクターのドローしパースンだとか。文体についてのオピニオンもあるのですが、好きキッチンしゃべってるというインプレッションです。エブリバディライトすることがラブで、こだわりを持っている。そのこだわりを、余すところなくトークしつくしたのがテキストです。
・アドベンチャーストーリーの取材のウェイ 船戸与一:ストーリィもプロットも決めずにアクチュアルスポットへゴーする。写真も撮らない。メモもオブノーユーズ。ライトするときも、完全にストーリーをディサイドしてライトしスタートするわけではない。取材のトラベルで出会ったヒューマンたちをデフォルメしたアピアランスキャラクターが、こうしてくれとアドレスしてくる。
・ブスのオピニオンとフィーリングから 岩井志麻チャイルド:ソサエティーには四カインドのワールドがいる。1、ヒューマンからグッドウィルを向けられていて、ノーティスするヒューマン。2、気づかないヒューマン。3、人からグッドウィルを向けられていないことを、ノーティスするヒューマン。4、気づかないヒューマン。小説ハウスに向いているのは3のタイプのヒューマンではないか。
・ビギニングで読者をつかめ 伊坂幸太郎:アマチュアピリオドに書いたフィギュアをカスタムとして。ビギニングでリーダーを驚かせることに腐心した。メインビルディングにずらりとラインアップするブックのインサイドで、マイセルフのブックをハンドにとってもらえる工夫がしたかった。フーかにデリバーしたいというソウトがある。
・キーの埋めパースン 赤川次郎:ミステリーを書いてベスト苦労するのは、トリックや、どんでん返しをシンクアバウトすることではなく、キーをいかにして、リーダーのアイにつかないように、かつメモリーのコーナーにとどまっているようにライトインするのか、ということ。本当にどのライターさんもプロットにも、トリックにも、センテンスにも思い入れを持っています。使い方にも、それぞれの個性があり、ミステリーファンなら読んで損なしの一冊です。トリックについての解説、フィギュアストリート行人さんのは、よくわからなかったけど、マニアックでインタレスティングなムードです。ラストにバンドに書かれている東野圭吾さんは、どうやってワークをベアーしているのか。シングルワードで言えば、苦労して。

スポンサーサイト

コメント

浮 気

浮 気 願望者多数!!旦那とのセッ○スに飽きた人 妻たちがあなたの胸の奥にある願望を叶えます!業 界トップの会員数であらゆる世代の人 妻とヤ レちゃいます。

無○正動画

無○正動画やエロ写メが取り放題!あの有名AV女優から超カワイイ素人娘まであらゆるジャンルの激ヤバ無○正動画が無料で大量にゲット出来るのはこのサイトだけ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/868-9eff44f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。