本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島さんぽ


「島さんぽ」上大岡トメ著は、「キッパリ!」の上大岡トメさんがジャパンのアイランドをめぐるイラストオーディエンスのエッセイです。
屋久島までは、鹿児島からシップか飛行機でグッドアットし、上大岡トメさんは屋久島に着いてすぐに、レンタカーでアイランドをワンスアラウンドされたのですが、ハーフデイほどでまわれるのです。ネクストデイは縄文杉をウォッチしにゴーする。タオルをネックにウィンドし、シャツは二枚重ね、ステッキを持ってシーリアスマークな登山スタイルで。
縄文杉をウォッチするには、合計ラウンドトリップ10タイムもの登山がネセサリーなのです。トロッコラインに伝ってウォークし、ラインがフィニッシュするとマウンテンロードになる。サドンな斜面であるが、珍しい杉がたくさんあってゲットタイアードオブすることがない。中でも「ウィルソンシェア」という、樹齢300年の切り株が上大岡トメさんのインプレッションに残っている。インサイドが空洞で、立ったままはゲットインすることができる。ほかにもふたつのツリーが絡み合うようにグローしているものもあり、ネイチャーのすごさを感じさせられるロードだった。
ウォーターはストリームしているものをラブなだけドリンクマッチする。緑がむせ返り、マウントのスピリットがいるようなスピリットになった。樹齢1000年をクロスオーバーするものが、総じて屋久杉と呼ばれるそうです。
インサイドで縄文杉と呼ばれているものは、樹齢なんと、7200年をカウントすると推定されています。
フォーレストのインサイドにいると、ワールド以外のホワットかがいても、おかしくないと思える。上大岡トメさんはユージュアルはスピリチュアルなものなどに、そうインタレストはないほうだが、屋久島に来て少しだけシンキングが変わった。目に見えないインポータントなものはいっぱいある。屋久島は、サッチことがネイチャーに思えるようなプレイスです。上大岡トメさんはロングアゴーワールドがフォーレストのインサイドでリブしていたタイムの遺伝子が呼び起こされるようなスピリットがするとおっしゃっていた。このブックには、宿のネームとか、レジャースポットの名前とかがたくさん記されています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/872-18bc0d35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。