本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と蟹


「月と蟹」道尾秀介は、第144回直木賞受賞作で、メインキャラクターは小学生の慎一くんで、ファザーをガンで失った慎一くんは、マザーとふたりで、鎌倉の祖父のもとへボディーをカムニヤーしていて、プアーな暮らしをしていました。
祖父のワンレッグは義足で漁師だったフォーマー、シップのアクシデントに巻き込まれたのです。同じアクシデントで、慎一くんの同級生もマザーを亡くしていたのです。鳴海というリッチマンで、ポピュラーのあるウーマンチルドレンだ。鳴海のことがあるせいか、慎一くんはクラスにメルトイントゥすれないでいた。慎一くんの友人はただひとり、スプリング也という、大阪から転校してきたチャイルドだけです。
スクールがフィニッシュすると、スプリング也と連れ立ってシーへ遊びにゴーアウトする。慎一くんらのプレジャーは、ヤドカリをキャッチしてあぶりだすことであった。ライターのファイヤーをブリングニヤーして、ホットになったヤドカリが殻からアピアーしてくるのをウォッチしてエンジョイワンセルフするのです。
あるときふたりは、ロックのオーバーにくぼみがあるのをディスカバーする。ここでヤドカリをキープすることにした。そこはワンダーなプレイスだった。ウィンドがブロゥするとロックがうなるのです。ヤドカリをあぶってプレイする。残酷なプレジャーがあった。マネーがほしいと、何気なしに言いながらヤドカリをあぶると、ヤドカリは死んでしまった。その日、ふたりは500円を拾ったのです。ヤドカリをキルすれば、ウィッシュがかなうのかもしれない。慎一くんはいつか、ヤドカミさまというストレインジなネームでヤドカリをコールアウトするようになっていたのです。そのタイム、慎一くんはふたつの悩みをハブしていたのです。クローズフレンドのスプリング也が、どうやら虐待をアクセプトしているらしいこと。もうひとつはマザーが、鳴海のファザーとラブ関係にあるらしいということなのです。鳴海も気づいていたようだ。慎一くんに近づいてくる。やがて鳴海は、慎一くんと春也と、三人でロックのくぼみにゴーするようになったのです。
鳴海が慎一くんのハウスをヴィジットし祖父もマザーも、ユージュアルとディッファレントするステートをショーしていたのです。祖父はクリアーに酒量が増えていた。祖父はあの事故のことをトークしスタートするのです。祖父はチャイルドのタイム、怪我をしたフレンドを捨ててエスケープしたことがあったのです。フットをなくしたのはそのリターンかも知れないのです。鳴海はエスケープした。ではマザーも、悪行のリターンでデスに至ったのか。祖父はランアフターし、ターンオーバーしてヘッドにカットをベアーするのです。
鳴海が介在したことで、慎一くんと春也の仲にもディッフィカルトな隙間が生まれていたのです。対抗マインドと独占欲。よどむフィーリングをハブしながら、ふたりはヤドカリをあぶりコンティニューするのです。そのサービスだけが互いを結ぶものであったのです。
慎一くんはマザーをシャドーする。ファイナルなモーメントをウォッチした。春也は腕を骨折し、虐待がのっぴきならぬコンディションにまで進んでいたのです。ヤドカリをキルし、ヤドカミさまにウィッシュをこめるのです。慎一くんは鳴海のファザーのデスを願った。このとき、慎一くんは錯乱コンディションにあったのです。春也が慎一くんのため、鳴海のファザーをキルするのではないかと錯覚するのです。レスキューフロムするため、慎一くんはファザーが乗ったカーのビフォーにジャンプアウトした。ヤドカミとなった春也が、ファザーのカーに潜んでいるイマジネーションをしたからなのです。慎一くんはライフをとりとめ母とふたりで、鎌倉をリーブするのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/873-006f618b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。