本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1坪の奇跡


「1坪の奇跡─40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事」稲垣篤子著は、吉祥寺にある和菓子店「小ざさ」というたった1坪の敷地に建つストアーには、1本580円の羊羹と、1個54円のもなかの2カインドの菓子しか売られていないのです。
特に羊羹はポピュラーなのですが、1日150本しか作られない羊羹をリクエストして、日の出前からラインができるのです。買える本数はひとり5本までなのです。
量産はしない羊羹の小豆は小さな銅アイアンポットで炊かれ、1回で羊羹50本分ができるのですが、1日3回の製造がリミットなのです。
ぐらぐらボイルする小豆を、大きなヘラでかき回し、ビギニングはライトが、次第に水分が飛んでヘラはヘヴィになる。コツがいる。アイアンポットのボトムより半紙1枚分のところ。スモールざさの小豆はワーカーのアートで練り上げられるのです。
小豆がヴァイオレットにシャインするモーメントがあるのだそうです。そのモーメントをポッシブルするために、カンパニープレジデントの稲垣篤子さんは30年の年月を要し先代であるファザーとともに、命がけでメイクアップしてきた味なのです。稲垣さんは戦前のバースで、ウォータイムインサイドは疎開するなど、ディッフィカルトなエクスペリエンスをしたのです。
和菓子店をスタートしたのはファザーの照男さんで、ウォーですべて失ったのですが、戦後再び菓子をセルするトレードをスタートしたのです。その頃菓子は自宅で作られていたのですが、稲垣さんがそれをフロートで販売するのですが、フロートと言えど、ストアーなのだからと、1枚しかないネイヴィーブルーのスーツをウェアーしてストアーに立ったのです。
ナローなプレイスで立っているのはホットだったがファザーは稲垣さんに厳しくシングがなくなったからとストアーをクローズするのはフロートのトレードのウェイだ。ここはストアーなのだから、決まったタイムはちゃんとトレードをしなさいというのです。
稲垣さんはカメラマンを志したこともあるのですが、ファザーのフィギュアをウォッチして育ったシーは、いつかストアーをサクシードするデシジョンをしたのです。結婚もしていた。ハズバンドには、マイセルフの食事はマイセルフでしてちょうだいねと宣言し、主婦業よりもワークに打ち込んでパスしてきたのです。エブリモーニングファザーとサービスをする。居間にシットし、よいグリーンティーを用意して、イエスタディ練った小豆をイートする。ファザーがアンダースタンディングするテイストができるまで、30年エブリデイ小豆と格闘してきたのです。
ファザーは糖尿病だったそうだ。メディカルドクターには叱られたが、このサービスだけはやめようとしなかった。ベストいいものをメイクする。この信念が、親子をサポートしコンティニューしていたのです。ファザーはファミリーと従業員のライフを背負っていた。そのデューティー感のハードさが、稲垣さんにもエフェクトを与えていたのです。ファザーが亡くなったとき、稲垣さんはトラブルマナー、そしてありがとうというワードしか思いつかなかったというのです。苦労しダイレクトのライフだったとシンクする。稲垣さんが、従業メンバーの暮らしを背負って立っている。エブリバディがヘルプしあうプレイスオブワークにしたいとシンクアバウトしている。カンパニーはファミリーのようなものなのです。ダメージパースンもポジティブマークにユーズしているのですが、助成マネーをもらうことはない。助成マネーをもらってしまえば、それだけのアソシエイションだと思ってしまう。そうではなく、ひとりのヒューマンとしてオポジットするのがユージュアルとシンクする。
小ざさの羊羹はポピュラーで、モーニング1時から並んで待つ人もいるというのです。エリアから、わざわざホテルに宿泊してバイしに来るヒューマンもいるというのです。平等に買ってもらいたいとシンクアバウトするから、稲垣さんはファミリー、親族にもスペシャルサービスはしない。稲垣さんのマスターも、その行列に並んだことがあるのです。いいものをオーネストにメイクしたいという、ワーカーさんの熱意が伝わってくるブックです。稲垣さんはイヤー78歳だが、今でもファインにバイシクルで通勤しているのです。読んで必ずファインになれるブックで、スイートなものがイートしたくなりまする。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/874-bf668b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。