本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きことわ


「きことわ」朝吹真理子著は、第144回芥川賞受賞作で、貴子と永遠子7つディッファレンスの幼馴染が、ホリデイハウスの後片付けをしました。といったフィーリングですけど、それだけでフィニッシュするのもさみしいですね。
葉山のトークでは、永遠子のマザーはホリデイハウスのコントロールヒューマンをしている。そのチャンスで、永遠子は貴子と仲良くなったのです。ホリデイハウスは貴子の両親の所有で貴子のファザーは外科メディスンで、ビジーにてホリデイハウスにはあまり来られないので、ヴィジットするのはマザーの春子とデューティーの弟の和雄、貴子の3人だけなのです。
永遠子はベリィヤングにて知らなかったが、永遠子がホリデイハウスを訪れるとき、春子はトラフィック費を支払っていた。7歳年少の貴子が、永遠子になつき、そばにいたがったからなのです。Butその交流も、春子のデスとともにストップし、春子はハートがウィークだったのです。
カレント永遠子は40歳、結婚してチャイルドがある。貴子は33歳、不倫のラブにウェアーアウトしてファザーとふたり暮らしである。ふたりがセルすることになったホリデイハウスの片づけをするのです。パーストとカレントが行き交うチャイルドのタイム遊んだシーのトーク、ミールをした蕎麦ハウスのトーク。歩いたロードにロード反射ミラーがあったかしら、なかったかしらと、ふたりはパーストの思い出をトークトゥギャザーするのです。永遠子はあるとき、マザーがファザーのほかに恋人を持っていたことを知らされた。ホリデイハウスのワークはアウトサイドにアピアーしてゆくためのリーズンだったのです。貴子にもマザーの思い出がある。マザー春子は、心臓病を患っていたのにタバコをやめられなかった。ファザーは黙認していたようです。
和雄は貴子のファザーをブレイムしたのです。メディカルドクターなのになぜホリデイハウスの片付けをしながら、封を切っていないタバコがワンカートンアピアーしてきて、和雄のビフォーでは吸えなかったのだなと、貴子はマザーを思いやるのです。
片付けは一日では終わらず、貴子はホリデイハウスにステイアットすることにした。そのイーブニング、かつてのヤングな姿でホリデイハウスをウォークする春子のフィギュアを、貴子は目にしたのです。母は病に冒されていた。ベリィヤングな貴子はいつもダイしおびやかされていたのです。マザーが亡くなったとき、ようやくそのフィアーから解放されたスピリットになったのです。永遠子はひとりハウスに戻った。リターントリップ、イーブニングミールのマテリアルを買って踏み切りにさしかかる。ぼんやり、エレクトリックトレインが来たことに気づかなかった永遠子だが、フーかにヘアーを引っ張られてディフィカルティをエスケープするのです。ワンダーなのは永遠子はチャイルドを産んでから、ずっとショートカットなのです。ネクストモーニング業者のハンドをボロゥして片付けをフィニッシュし、ふたりは弁当をスプレッドし、永遠子が作ってきたベジタブルの甘酢漬けがうまいのです。ファザーが蓮根を大量に買ってきていたなと貴子はシンクするのです。甘酢漬けのレシピを聞いて、ファザーのいるハウスに戻ってゆくのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/877-9913e348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。