本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦役列車


「苦役列車」西村賢太著は、第144回芥川賞受賞作で、北町貫多は19エイジの日雇いの仕事で生計を立てているのです。自堕落なエブリデイだった。ハーバーのワークでもらえる日給は5千円バランスなのです。
1日働いては、マネーがなくなるまでワークをアブセントするというのが、北町貫多のエブリデイのパスしパースンなのです。北町貫多はミドルスクールを卒業したときにハウスを飛び出した。高校へはゴーしたかったが、レコードが足りなかった。グレートエフォートもしなかった。北町貫多のファザーは犯罪パースンなのです。がんばっても無駄だと、ヘッドのどこかでシンクアバウトしていたのです。
ジュニアハイスクールをアピアーしたばかりの少年が、働ける場所はほとんどなかったのです。ようやくディスカバーしたのが日雇いの仕事だが、これがよくなかった。日銭を稼いでだらだらとパスする癖がついてしまったのです。
北町貫多のエブリデイにチェンジがヴィジットする。日下部というヤングマンが、仕事場にカムアロングした。日下部も19エイジで、専門スクールのスチューデントだったのです。日下部はシーズンなマンで、たちまち貫多とも仲良くなった。うれしかった。北町貫多にはフレンドがひとりもいない。久しぶりにできたトークコンパニオンに、北町貫多のマインドははずんだのです。
執拗に酒にインバイトするようになる。いつもはひとり、チープなバーでちびりちびりとドリンクするだけだが、コンパニオンがいると酒がファン。セックスサービスにも連れ立って行った。日下部はいやがったが、それはかえって北町貫多の優越フィーリングをフィルするものとなったのです。のめりこんでいく北町貫多だが、ふたりのスペースには次第にずれがプロデュースしスタートするのです。日下部はまっとうなヤングマンだった。ワークにも熱心で、たちまちディッフィカルトなワークを任されるようになった。待遇にもチェンジがボーンするのです。日下部には、スチューデントとしての暮らしがあった。ワンルームマンションに住んで、北町貫多のほかにもフレンドがいる。シーもいるのだと聞いて、北町貫多はショックをアクセプトするのです。
北町貫多はプランをアンクシャスする。日下部のシーに、フレンドを紹介してもらえないだろうか。そうすればマイセルフにも、まともな恋人ができる。日下部がいるワールドに、入っていけそうなスピリットがする。シーと日下部、北町貫多は野球をウォッチしに行った。ミールにもゴーする。酒が入った北町貫多は、シーに対してエクスキューズミーな言動を取ってしまった。ウーマンを侮辱するようなワードを吐いてしまったのです。
北町貫多はそういうワールドだ。人付き合いができず、嫉妬ディープに、みじめでフーリッシュ。そのうちワークもクビになった。社員といさかいをレイズし、いられなくなったためです。何もかもうまくいかない。相変わらずのエブリデイがパスするだけだ。北町貫多のホープはただひとつ、ある私小説ハウスのワークをリードすることだったのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/879-bc799096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。