本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日が見えて ラクになる!時間整理術!


「1日が見えて ラクになる!時間整理術!」池田暁子著は、人気の池田暁子さんのワンセルフ啓発コミックエッセイで、ライターの池田さんはこれまでにも、いろんなことにメイクエフォートし、サクセスさせてきています。ダーティーないフットのステップオンしプレイスがないほどダーティーなルームからエスケープ、マネーをセーブするメソッド、あと5kgのダイエットなどです。
このブックはタイムコントロールにチャレンジされて、編集パースンさんとのビジネスミーティングのシーンでは、編集パースンさんがネクストタイムのプロミスを取り付けるエッジに、別の取材もあわせてパフォームしましょうかと提案します。ハウスからビジネスミーティングプレイスまでは、片道1時間がかかる。用事をセイムデイにまとめてしまえば移動タイムがまるまる省けることになります。
池田さんはアフターディス、マイセルフのタイムをルックアゲインするワークをパフォームするためペーパーに書き出したのです。無駄なタイムがメニー。しかも効率がディッフィカルト。モーニングはフェイスを洗って体重を量って、ネットをつなぐとそのままうろうろ不要のページをビューしてしまう。
フレンドからのメールがないかと、ホワットディグリーもチェックすることもあります。池田さんはゴミスローアウェイしがプアーで、決まった曜日、決まったタイムにゴミをテイクアウトするのがディッフィカルトというのです。モーニングやることのセットにくっつけることにして、チェーンのストリームのインサイドで、カスタム化することに決めたのです。慣れてしまうとシンプルになる。カスタム化。これがひとつのコツです。
気負いだけはあるものの、ワークがまったく進んでいない状況も自覚した。ペーパーに書き出してみると、どれだけ無駄があるのかがわかります。ペーパーのユーズ、書き出していくことはインポータントだ。仕事のプログレスにも、このメソッドをユーズすることにディサイドし、プレゼントタイムやっているワークをペーパーにビギントゥライトしてゆく。途中でやめるときは、そのウィル、次にやるべきことも書いておくようにしたのです。こうすると、ポーズがマイセルフのインサイドでボーンする。これまでだったら、オーダーホワットをやるべきか、マイセルフがどこで止まっているのか、わからなくていらいらするばかりだったのです。
クリエイティブなワークだ。アイディアに行き詰ることもある。そんなときは迷わずワークをブレイクすることにした。フィーリング転換に家事をする。ウォークをする。そうすると、フレッシュなヘッドでビギンすることができたのです。そわそわしスタートする「サイン」を、自覚しておくことがインポータント。こうすることで、平日のデュアリングザデイをワークに集中することができるようになったのです。
池田さんはプレゼントタイム、落書きカーテンを「セクレタリー」と呼んでニヤーワンセルフに置いているのです。ワークのプログレス、オーダーのプログラム、心がけることを書き込んでおく。プログラムの可視化がインポータントなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/884-e86154fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。