本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤琢磨終わらない夢─F1との決別、もうひとつの戦場ヘ


「佐藤琢磨終わらない夢─F1との決別、もうひとつの戦場ヘ」松本浩明著の佐藤琢磨は好ヤングマンでアスリートらしいドリルしたボディーとさわやかなマウスで、いつも前向きな発行で、ファンがメニーなのです。
ソサエティーにはアビリティーがあるヒューマンがたくさんいるのですが、ラックもネセサリーなのです。佐藤琢磨は2001年にジョーダン・ホンダでF1デビューをキャリーアウトし、2002年には鈴鹿で5プレイスに入賞するのですが、2008年にはビロングトゥチームが解散してしまうのです。2009年にトロロッソ・チームへの加入のスピークしがあったのですが、ロシアヒューマンドライバーに敗れて、F1にターンバックすることはできなかったのです。
ドライバーになるには、政治フォースやキャピタルフォース、スポンサーのバック盾があって、チームにビジネスマークに貢献できないと、雇ってもらえないのです。
ロシアヒューマンドライバーのバックには、フェイヴァーなロシアマネーがドローインしていた。アートは決して劣らなかったと自負している。レースのインダストリーでは、スターアクターはF1で銀座の寿司ハウスソートオブなものでそのキッチンにスタンドすることが許されなかった佐藤琢磨は、活躍のステージをアザーにリムーブすることをデシジョンするのです。
佐藤琢磨はアメリカのインディーカーというレースにアピアーしたかったのですが、プレイスは変わっても、フォーマーのカスタムならエリアに下ってもストアーをチェンジしても、ラインでワークすることをフォゲットしたくなかったのです。
KVRTというチームが佐藤琢磨を受け入れたのですが、ファーストマッチのブラジルではスタート直後にスピンしてリタイアしてしまったのです。アフターザットも無念のリタイアが続きウェーブにゲットオンしきれなかったのです。インディーカーにはオーバルコースというレースプレイスがあり、バイシクルレースのゲームプレイスのように、すり鉢シェイプになったサーキットがあるのです。F1では見られないシェイプで、佐藤琢磨はコースの状態、コンストラクションなど熟知していないのです。プラクティスの日にストームがアタックしフーよりもロングにコースオーバーにいたいのですが無念のリタイアをしてしまうのです。
初めてのオーバルコース、カンザスサーキットで佐藤琢磨はは4カウント、5カウントコンフリクトにジョインインすることができたのですが、ブラインドスポットとなっていたウーマンドライバーからのもらいアクシデントに遭ってしまうのです。必死でハンドルを握っていたハンドは、ウェアーアウトして、スキンがめくれていたのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/889-62f48086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。