本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルライフ


「シンプルライフ」森理世著は、ミスユニバース森理世さんのビューティフルさのシークレットやこれまでのライフ、ミスユニバースのワークについて語られているブックです。
ビューティフルさはとにかく世界一なのですから、ものすごいことをしているのかと思ったのですが、そういうわけでもないのです。ファンデーション化粧シングは花王のキュレル。高校生のタイムからほかにチェンジしたことがないというのです。フィットなプライスで、たっぷり使えるのがラブだというのです。
フードもラブなものをイートする。ボディーがウォントするとシンクするから、スイートなものも特にキープアウェイすることはないのですが、イートするビフォーにはウォーターをドリンクするようにしているというのです。モーニングゲットアップしたときも、胃をムーブするためのウォーターなのです。しかしこれにもこだわりはなくて、ホームの静岡にいるときは、ウォーターサービス水でも平気で飲んでいるというのです。
森理世さんのホームは、ダンススクールを経営しているようで、理世さんも講師としてアクティビティーしているのです。もともとおとなしく、パブリックにアピアーするのがプアーだったそうだが、克服したのは留学インサイドのことであるようです。
静岡でフォーリンのダンスチームの公演があったのですが、森理世さんはそれをウォッチして、フィーチャーサッチチームでダンスしたいとシンクアバウトしたそうです。留学のマークが決まって理世さんは、マイセルフをおとなしい、恥ずかしフィールしやといっているのです。マークをディサイドしたアフターのアクションフォースがすごく、高校生留学アットファーストはワンイヤーでターンバックするはずだった。Butバレエスクールへの入学をデシジョンし、周りを説得して、留学フォーマーのスクールへ転校してしまうのです。高校のレッスンとバレエスクールと、実にハードなエブリデイをパスしたのです。
ミスユニバースへのチャレンジをディサイドしたのは、ベリィヤングなタイムから聞かされていた、祖母のワードにエフェクトされたからなのです。祖母はよく20歳になったらミスコンテストにアピアーしてほしいと言っていたのです。ワールドマスミーティングをミーニングしていたのではないのですが、挑戦するならやはりベストがよかったというのです。書類イグザミネーションが通ったとき、森理世さんはニューヨークのダンススクールの入学ジャストビフォーで、入学のキャンセルプロセスをひとりアクションコンテストに参加したのです。
ミスユニバースをビューティフルジャパン代表となり、ワールドマスミーティングへアピアランスしたのです。イグザミネーションは1ヶ月にクロスオーバーしグループ生活をしながら、フルにそのキャラクターを見られるというのです。グループライフのスペースはインタビューなどのスケジュールが過密に組まれていて、ワークに耐えられるかどうか試されるというのです。マスミーティングベリィデイには祖母がヘルプにかけつけてくれ優勝が決まったとき、祖母はとても喜んでくれそのときターンアサイドしたワードが、祖母とのラストのカンバセーションになったというのです。ミスユニバースのワークは、8カットがチャリティーで、ときにはジャングルで、ホテルもないようなところでパスすることもあるというのです。ビューティフルだけではなくタフでワイズにて、カインドになければならないのです。あるカントリーではミスユニバースに選ばれると、一生涯のライフをカントリーが保証してくれるのです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/891-0ce225d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。