本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の脳


「奇跡の脳」ジル・ボルト テイラー著・竹内薫訳のジルは神経解剖学者として、ブリリアントなキャリアを積みスタディーはオールライトで精神病ペイシェントのアソシエイション、全米NAMIの最年少理事にも選ばれていました。
ジルがブレインに興味を抱いたのは、兄がブレイクアップ症にかかったためです。セイムマザーからボーンしたのにワンダーに思ったジルは、まだ新しいフィールドのブレインのスタディーに没頭したのです。
ブレインの専門ハウスであるジル・ボルト・テイラー博士が脳卒中をわずらい、リカバリーするまでのノンフィクションなのです。脳卒中になったモーメントから、そのリカバリーのプロセスまでを、サブジェクトオブスタディーハウスらしい冷静なライティングでノートしています。マイセルフのインサイドのブレインのインサイドでゲットアップしていることを、他人事ソートオブにレコードしているのです。それでいてユーモラスでファーストパースンで語られる、話し言葉なのでリードしやすいです。
知性的なジルが脳卒中にかかった場面の記述などはアルジャーノンに花束をにシミラーしています。モーニング7時にウェイクアップしたジルはアイのアザーサイドがきーんと痛むのに気づいた。かき氷をイートしたあとソートオブに。次に、ホワットかから切り離されてゆくセンスをリメンバーした。マインドとボディーがばらばらになるフィーリング。シャワーを浴びようとして、ウォーターサービスの蛇口をひねった。するとイアーをつんざくような騒音が聞こえた。いつも聞いているウォーターのサウンドなのに。このとき、入ってくる聴覚インフォメーションを処理する機能が、ブレインのインサイドで失われていることに気づいた。シーリアスなアクシデントがゲットアップしているとわかった。ジルはこのアフター、助けを呼ぼうとするが、それがシンプルにできなかった。助けをコールアウトすることはわかるのですが思考が安定せず、集中できない。レフトブレインに出血があったせいでランゲージや、数字、メモリーをラインアップする機能が失われていたのです。
インフォメーションが入ったファイルのビフォーに並んでいる。Butそのファイルをオープンするウェイを、すべて失ってしまったようなセンスがあるのです。「でんわ」とフロートするが、それがホワットものだったかわからない。「しょくば」にテレフォンをかけようとシンクするが、テレフォンナンバーが思い出せない。やっとつながっても、フォンエクステンションのナンバーを答えられない。ユージュアル何気なくしていることでも、ブレインがどれだけ働いているか、わかったようなスピリットがする。ものすごく複雑なことを、ブレインはやり遂げているのです。脳卒中になった朝は、ストレインジな安らぎにも満たされ、ランゲージセンターが没したので、タイムの概念、フィギュアも失われ、センスだけのワールドにフロートすることができた。涅槃のワールド、とライターは表現さえしている。
脳卒中のペイシェントは馬鹿なけものではなく傷ついたワールドなのです。わかっているから、カインドにトークしてほしい。ブレインはリカバリーすると断言できる。ジルバイワンセルフ、周りの助けをボロゥしながら、テキストがライティングできるまでにリカバリーしたのです。その間8年。ブレインはインサイドでスモールなチャイルドがいくつかのグループにブランチオフして、めいめいに遊んでいるコンディションなのだという。一部分が損なわれてもそこにいたチャイルドたちが、ディッファレンスのサウンドなプレイスにムーブし、また目一杯アクションを始めようとするのです。損なわれたワークを、代替するアクティビティーが行われるということのようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/895-51182517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。