本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ふくらはぎをもむ」と超健康になる


「『ふくらはぎをもむ』と超健康になる」大谷由紀子著は、凝り固まったマインドやボディーをほぐすブックで、1日たった4ミニットふくらはぎをもんでやると、マインドの緊張やボディーのハードストレッチがほぐれるのだそうです。
ファンデーションはミルキング・アクションというハートからストリームしたブラッドが上半身では比較的イージーにハートにターンバックすることができるのですが、ハートからファーな下半身は、ふくらはぎがミルクをプレスするように圧力をかけて、ブラッドをハートにプットバックする働きをするのだで、その機能をヘルプし、ボディーインサイドのブラッドのサイクルをよくするというのが、このふくらはぎサウンドアクトなのです。
痛いけどフィーリングがいいをスタンダードにふくらはぎが張って、ハードになっているヒューマンはエブリデイパフォームすることで、しだいにソフトになりボディーのバッドコンディションも解消されるというのです。
痛いところ=ディッフィカルトなところというわけではないので、刺激のしすぎにはアテンションがネセサリーです。ごりごり解きほぐすより、痛フィーリングいディグリーのマッサージを、少しずつコンティニューすることがインポータントだというのです。ウェイはシンプルでベッドに座ってフットをビフォーにストレッチし、ヘッドが引っ張られるようなセンスで、コンディションを少しビフォーにスローダウンし、そのコンディションでつま先をベッドにブリングニヤーするようにして甲をストレッチします。次につま先をレイズし、フットロングサイドがベッドに垂直になるようにフィギュア回くり返します。
マッサージはファンデーションマークにはローグレードからオーバーへです。
フットのアウトサイド。サムと人差し指で、足首をはさむようにして、4本のフィンガーでふくらはぎのアウトサイドを、ひざに向かってなぞるように引きあげます。フットのインサイドもセイムポイントで、オーダーはサムにフォースをプットインして引きあげます。
サムにフットの骨があたるパート、そのきわをなぞるようにします。バックサイドは両手で、ワンサイドのフットをつかむ。左右4ブックのフィンガーをふくらはぎのバックサイドにヒットして、膝に向かって引きあげます。
フロントはマッサージしたのとセイムコンディションのハンドで親指にフォースをこめながら、ふくらはぎのフロントサイドをマッサージ。つぼをプッシュするようなフィーリングで、ぎゅ、ぎゅとやるようにします。
ラップのハートなどで、アザーサイドをなであげるのもいいというのです。
イージーにできチェアーにシットしたまま、フットをプットトゥギャザーするようにしてマッサージするメソッドもあります。
フットをプットトゥギャザーし、ローグレードになったフットのニーに、オーバーのフットのふくらはぎをプットする。オーバーのフットをこするように、ハイアンドローにムーブします。つま先立ちをホワットディグリーかくりリターンサムするのもいいというのです。ふくらはぎサウンドアクトはどこででもできますので、テストしてみてくださいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/897-4806e8be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。