本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純平、考え直せ


「純平、考え直せ」奥田英朗著は、ちょっぴり切なくなるエンディングがあり、21歳の純平はやくざのトレーニングインサイドで、ルームリブインしでフリーダムはないのです。パワーのいいエルダーブラザーの北島に心酔し、クリーニングやアザーにフィニッシュすれるエブリデイなのです。
あるときボスから、鉄砲玉になるようにと言い渡されネームのとおりのピュアーハートな純平はふたつ返事でそのウォーをテイクアップし、決行まで3日、週末のイーブニングをフリーダムにパスしていいと言われるのです。
純平は安物の拳銃をハンドにプットインし、焼肉ハウスにゲットインし、加奈というガールにナンパされ、クラブで遊んだアフターにホテルへ。加奈はセンド社員でまがい物を売るメールオーダーカンパニーにサーブしていて、週末のイーブニングに遊びに没頭して、ストレス解消をしているのです。いずれは結婚して、チャイルドを生んで、ジェネラルの暮らしをするつもりだからそれまでの贅沢お遊びなのです。加奈は純平がハブしている事情をノウすると、ホテルのルームからネットのノーティスボードにそのウィル書き込んでしまったのです。ノーティスボードではさまざまなヒューマンが、さまざまなオピニオンをステートしやめよと言うパースン、やくざはゴミだから、ゴミフェローキルしあえばよいと書くパースン、沖縄へエスケープして来いと言うフェローまでいるのです。
ネクストデイ未だフリーダムの純平は、回転寿司ハウスでワンダーなオールドパースンにミートバイチャンスする。ユニヴァーシティープロフェッサーだったというオールドパースンは、純平をティーチャーにルックアップしたいと言ったのです。レールのオーバーを歩んできた人生をスローアウェイしてグレたいのだそうです。純平は同じくビジネストレードにあるフレンド信也をポッシブルしたのです。関西ヒューマンである信也は、フリーダムが利かず、おまけに金回りもよくないやくざトレードをファニーな口ぶりで嘆く。ヘッドのいいやつばかりが出世する。
やくざトレードもアフターオール、格差ソサエティーなんです。純平にはファザーがなくマザーひとりチャイルドひとりの母子ホームだったがマザーは、純平のトラブルなどオール見ようとはしなかった。いつもマンの顔色をウォッチしていて、純平はけんかにドゥナッシングButするしか、フィーリングをやり過ごすことができなかったのです。ホームエリアにターンバックしかつての不良カンパニーにミートするがゼイはオーネストとしての暮らしをサウンドに築いていた。
マザーにもミートしに行った。マネーの無心をウォーニングされるが、アンクシャスしているそぶりは垣間見えた。あきらめがメインなのだと思う。マイセルフだって、ちゃんとフーかがウォッチしてくれていたら、やくざのロードになんか、入らなかったがウェイがない。
純平はあきらめることには慣れていた。ラストに、恋心をカムニヤーしているウーマンにブランチを言いに行った。シーは今後、ブライトなライトのインサイドを歩いて行くのだろう。純平のハンドが届かないプレイスに向かって。いろんなヒューマンに出会った。娑婆とはしばらくブランチなのに。やくざのワールドのせこさ、厳しさも知らされた。ほかにリブしていくロードはないのに。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/901-9b4eaa38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。