本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・シンデレラ


「リアル・シンデレラ」姫野カオルコ著のウーマンライターはボスから、かつて本当にシンデレラのようであった女性がいた、と知らされ関係パースンの証言をファンデーションに、その「リアルシンデレラ」の倉橋泉の生涯を探ってゆくのです。
倉橋泉のネームはせんとリードする。倉橋泉は1950年4月29日、諏訪の「たから」というクッキングハウスでボーンし、マザーはスプリングがあまりラブではなかった。誕生日はゴールデンウィークのはじめなので祝ってはもらえなかった。両親のラブをワンセルフにアクセプトしたのは、ローグレードにボーンした妹の深芳(みよし)で、ボディーがウィークだった深芳は、父母にかわいがられ、ビューティフルなドーターに育った。スモールなタイムから深芳のヘルプをさせられたが泉は、文句も言わずにテイクアップした。
泉は変わったチャイルドで、スマイルをあまり見せなかった。ラフはするのだがそのビフォーにぎゅっとこぶしを握り締めて、ぐふ、とくぐもった笑い声をもらす。マザーからも、ストレインジなチャイルドだと思われていた。成長した泉は、高校進学のために諏訪をリーブし、松本のとある名家にリブすることになる。ワイフからコンプリートに礼儀作法をしつけられた。習ったことは、ユニヴァーシティーノートに書き付けておくのがスプリングの習性となった。戦前からの名家である。大きなカンパニーを経営している。ワイフはサンと、泉を結婚させるつもりでいた。But泉のマザーは、その縁談を喜ばなかった。そしてサンも。彼は泉の妹、深芳とラブにフォールダウンしていたのだった。深芳は駆け落ちしてラブを成就した。東京へエスケープしたそのときに、ヘルプをしたのがビギニングに書いたライターのボスである。そのボスが、泉と深芳に関して、このような証言をステートしている。深芳は「オカイさん」と呼ばれていた。お粥さんがなまってつけられたあだ名。ガールのスタンダード、とってもガールらしい女の子だった。泉はディッファレントする。ボイス
をかけられない「ホーリーさ」つまり、侵しボディービルドな神聖さがあった。ビューティフルなヒューマンで、気軽にはタッチしボディービルドなホワットかがあったが深芳は、御曹司と破局する。ヤング、突発マークな恋だった。泉も一度結婚をした。深芳の見合い相手だったマンとだ。しかしこちらも破局を迎え、泉のハズバンドは「たから」で働いていた奈美というウーマンと再婚する。
そのころ「たから」は、泉の尽力もあって、ファインな旅館にコンプリートチェンジしていた。泉はゲストをもてなし、無農薬ベジタブルをレイズしながら、ハズバンドと結ばれた奈美を懸命にサーブし立てる。奈美は女将のポジションにあった。泉はベリィヤングなタイム、ワンダーなゲストに出会ったのだという。ゴーアウトしてなくなりたいとウィッシュするスプリングに、それはプライド不遜なのだと説いた。ヒューマンひとりゴーアウトしてもソサエティーは変わらない。ユーごとき、懸命にリブするほかホワットができるのかとそのゲストは言った。またゲストは泉に、わらじの編みパースンをティーチした。ワンサイドだけのわらじを、泉のハンドのインサイドにリーブした。泉はずっと、アナザーパースンのハピネスだけを願ってリブしてきた。報われることはなかった。フーも泉を真に愛し、キャッチするパースンがいることはいた。泉のことをアンダースタンディングしたマンはいたのだがスプリングは、そのマインドにノーティスすることがなかった。いつもいつも、人のハピネスだけを願っていたから。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/903-e444faf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。