本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子炉時限爆弾


「原子炉時限爆弾」広瀬隆著は、ジャパンが地震多発ピリオドにゲットインし、ジャパンのカントリーのジェネラリィは、ロングアゴーにはシーだったので、どこもかしこもベースがゆるいです。原発はデンジャラス。特に浜岡原発がデンジャラスなのです。
このたびの東日本大震災をゲスライトしてもいるようで、少々ばかりスピリットがグローコウルドします。ジャパンのカントリーは、セントラル構造ラインという大きな断層のオーバーにある。その断層は、九州を斜めにクロスし、四国の北側をランし、紀伊半島を横断して長野県の諏訪湖にいたる。この断層がアクションをヴァイオレントにする時期というものが、このカントリーには古来からあるようです。
江戸時代にも、地震が多発したタイムのことがレコードされている。現代においては、雲仙普賢岳の噴火や、阪神淡路大震災がそのタイムのビギニングであったという。今後もしばらく、地震災害に悩まされることになりそうだ。江戸時代とはディッファレントする災害がある。原発による災害だ。ダメージはベリィグレート。これは人災とコールアウトするにふさわしい。なぜならジャパンの原発は、地震に対する備えがイナフでないからだ。原発をビルドするエッジのインベスティゲイションがスイートすぎる。ベースのインベスティゲイションが行われたことがあるが、ウィークなベースが発見されたため、サンプルをシフトしてインベスティゲイションリザルトとしたことさえあるのだそうです。
このことは、アクチュアルスポットワーク員の証言によってクリアーになった。だがプランは見直されることもなく、アットファーストのプログラムストリートコンストラクションワークは進んだ。ライターがフィアーする浜岡原発は、ユーラシアプレートとフィリピンプレートがクロスするそのオーバーにある。プレートのひずみが地震のコーズになることは、どなたもご承知のことである。浜岡原発は糸魚川から太平洋に向かってストレッチする、糸魚川・静岡コンストラクションラインの直近にもある。セントラルコンストラクション線の終着スポットにもニヤーなことから、地震のデンジャーはヘヴィであると考えられる。
地震がゲットアップしてテリブルなのは、原発にフロートする電源がダイアウトすることだ。コントロール室にメソッドが取られているというが、巨大地震がゲットアップしたエッジには、ヒューマンはムーブすることができない。非常用電源も失われるポッシブルカスタムがハイ。電源が失われるとどうなるのか。高熱に達した原子炉が冷やされることなく、暴走するポッシブルカスタムがある。原子炉とは、常に熱をテイクするメジャーをギブしていなければならない。
柏崎刈羽原発は、新潟中越地震のチャンスに、大変危険なコンディションになりつつあった。このときは、かろうじてアウトサイド電源がリブしていたが、原子炉の暴走の一歩ビフォーというコンディションだった。ラージクレーンのジョイントパートのダメージが認められた。このクレーン、停止したのが6ナンバー原子炉の真上である。大惨事にニアミスというところ。浜岡原発は、2009年8月の夏のエレクトリックパワーディマンドピリオドにビジネスを停止したことがあるそうだ。駿河湾地震のエフェクトだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/904-cba98d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。