本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書いて生きていく プロ文章論


「書いて生きていく プロ文章論」上阪徹著は、センテンスはソサエティーヒューマンになってからもライトするチャンスがメニーなですね。リポートやプラン、提案書などのプレゼントシングがありますし、メールでもちょっとした添え書きで、スピリットの利いたことが書けると違ってきますね。最近はブログを書いているパースンもゴーします。ブログやメルマガなどセンテンスのプロではないヒューマンでもメニーにセンテンスを発信するピリオドになっています。
テキストはライターウィッシュのパースンにポイントして書かれた指南書でセンテンスをライトするときの心得から、ソサエティーヒューマンとしてヒューマンにタッチするときのアテンションまで、とてもケアフルに解説されています。レターもビッグにリードしやすく、わかりやすく書かれています。センテンスをライトすることにプアー意識を持っているヒューマンに、ぜひおすすめしたいです。
ヤングパースンのソサエティーヒューマンのパースンにも有意義だとシンクします。ソサエティーのパースンとして、どうふるまえばよいのか、ためになることが多く解説されています。
文章をライトするときにはフーのために、ホワットのためにをはっきりさせ、リーダーをイマジネーションすることがインポータントです。リードするパースンのエイジ、知識、インタレストなどがはっきりしていればいるほど、センテンスは明快になります。どういったことをノウしたいのか、どのディグリーまで噛み砕けばいいのか。コンパニオンを想定することで、おのずからライトするべきカテゴリーが決まってきます。読んでもらうことの意識をインポータントにして、マイセルフが言いたいことではなくて、コンパニオンがリードしたくなることをシンクアバウトして展開することがインポータントです。
リードしやすくするシンプルな手段は、ラインチェンジがあります。
メールなどでも、ラインフィードなしでびっしり書かれているとリードしづらいので、フィットなところでラインフィードを心がけるよいのです。
ワードはイージーなものをチューズしディッフィカルトなワードを得意げにユーズするのはよくないのです。
スピリットをデリバーすることは、コメントだけに傾倒しないで、リーダーに安心を与えられるようにコメントよりも、うまくほめるセンテンスになるようにし、安易なコメントに走らないようにします。
インタビューのナレッジも、徹底してコンパニオンへの気づかいが解説されています。エクスキューズミーのない服装をして、あらかじめコンパニオンについてチェックアップしておき、ヒアするサブジェクトをクリアーアップにしておき、ウォッチを忘れず、タイムにもスピリットをデリバーするようにします。
インポータントなポイントは不測の事態を常にヘッドにプットインしておき、レコーディングするケースはソースオブエレクトリシティーを確かめておくこと。電池、ノート、ビジネスカードなどはフォゲットしてもいいよう、セベラルをプットインしておくようにしてリザーブをしすぎてウォリードするということはありません。
クェスチョンは事前に用意し、ナレッジをプロヴァイドフォーし、コンパニオンの話はオーネストに受けとめ、ディスカッションや知ったかぶりをせず、コンパニオンのワードを反復しながら、コンフォタブルにトークをしてもらうようにします。
ライターを目指すパースンは、マイセルフのバリュー観をインポータントにして、バリュールックの合う発注パースンとのつながりをインポータントにする。そういったヒューマンフェローのつながりが、フィーチャーにジョイントゥギャザーするものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/910-2f108de7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。