本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルに生きる


「シンプルに生きる─変哲のないものに喜びをみつけ、味わう」ドミニック ローホー著、原秋子訳は、シンプルリストでフランスウーマンが書いた、シンプルなウェイオブライフを提案するブックです。
ドミニックさんは禅スタイルのガーデンをウォッチしてインプレッションし、ものを持たない暮らしに憧れ、プラクティスしているのです。
ある写真ハウスがチェックアップしたところ、住民あたりのもののバランス所有フィギュアは、モンゴルのヒューマンが300個、日本人が6000個だったというのです。
ボディーの周りのものは、トランク一つに納まるくらいにとどめたい。所有すべきはライクベリィマッチなもの、ビューティフルに機能マークなもの、ベーシックでベリィグッドなもの。ライフは質素、クリーン、オーダーを重んじるように。整理整頓はタイムの短縮になるだけでなく、マインドの静謐をキープすることにつながる。クローズズや食器、ブックにあふれたハウスの主役はものである。ヒューマンではない。フォーマーのジャパンハウスは、ヒューマンがリーブすると住んでいたウォーリィも残らないくらい、プレーンなものだった。
日本人のライフは、ものをプッシュインにプットインしてしまえば、そのルームでしたアクションのマークが残らないというほどのものだ。タイムに関しては、1日をサンクスでスタートすること、時にはホリデイをとってリフレッシュすること、エブリデイをインポータントにパスすることが提案とされている。マネーについてもやはりシンプル。稼いだ以上には使わない、無駄な消費に明け暮れない。本当にネセサリーなものをシースルーする目を。
美容については、ウーマンらしいフレンドリーな提案がある。バスタイムにブラッシングをして、新陳代謝をプレスすること。化粧シングなど無駄につけるのではなく、オリーブオイルやごま油をハンドでウォームしてつければよいこと。
髪型はシンプルにシニヨン。お化粧は口紅をさっとプルするだけ。爪のメンテナンスはインポータントになど、フランスウーマンらしい提案が続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/911-5cdb5968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。