本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか


「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」亀田潤一郎著は、ライターのファザーのビジネスがミステイクしたために、苦難のヤングな日をパスし、税理士になって、リッチマンの経営パースンをウォッチして、気がついたことがあるというのです。
マネーに好かれるヒューマンが、お金にどう接しているのか。まずパース。ゼイがユージュアル使っているのは長パースだ。それもネイチャーのいいもの。ハイプライスなものである。パースはやってきたマネーにくつろいでもらう場所。けちってはならない。マイセルフでできる、精一杯の対応をしたいもの。ふたつブレイクしのパースだと、ノートが折れ曲がってしまう。長パースでは、サッチことにはならない。なるべくいいものを買おう。これまでのエクスペリエンスで言うと、ヒューマンの年収はパースのプライスの200倍であることがメニー。5万円のパースをホールドするヒューマンは、おおよそ1000万円の年収を稼いでいるというコンディションでワンダーとそうなっている。リッチマンは、ノートに対するフィアーもスモール。新ノートが好きだ。特にトレードをしているヒューマンは、おつりを新ノートでテイクアウトすることにこだわっている。ブレイクしたノートでパスオーバーするケースは、「すみません、オールドなノートで」と、シングルワードアッドトゥするのがエヴァーだ。もちろん渡すときもケアフルに。マネーをテイクアウトすると
き、ヴァイオレントな振る舞いをするヒューマンはマネーにも嫌われる。パースはきれいにしておきたいもの。レシートでぱんぱんになったパースは見苦しいだけでなく、ノートにとってもコンフォートのディッフィカルトなもの。エブリデイチェックして、余分なものが入っていないか、デシジョンしよう。パースにいくら入っているか、知っておくのもインポータントなことだ。お金持ちほど、マネーのインアンドアウトにはスピリットを配っているものである。
スモールチェンジ入れをディッファレンスでホールドすることも、ぜひ提案しておきたい。慣れるとそう不便ではない。意外かもしれないが、リッチマンは「ギザ10」がラブだ。ギザ10とは、サイドにギザギザが入った10マネーキングのこと。実はこのことは、あるカンパニープレジデントからティーチしてもらった。カンパニープレジデントいわく「ギザ10がやってくるのはマネーラックアライバルのプルーフ」なのだそうだ。アフターディスライターも、スモールチェンジをハンドにするたび、ギザ10をルックフォーするようになった。そして気づいた。マネーをコントロールできるヒューマンは、小さなマネーもぞんざいには扱わないということに。オポジットに言えば、スモールチェンジも大切にできるヒューマンが、マネーに好かれ、リッチマンになれるというわけだ。タックスをしぶってはならない。合理マークな節税はよいが、ソサエティーに還元するフィーリングをフォゲットしてはならない。マネーのユーズ、リブしたマネーであるか、ダイしマネーであるのか、デシジョンするフォースをボディーにジョインしたい。マネーをペイすると
きに、ちらりとでも考えるだけで、フィーチャーはビッグに変わってくる。それもマネーをインポータントにするということ。よいパースをホールドし、ボディーの周りをこぎれいにし、まず「リッチマンスタイル」をメイクするところから始めよう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/912-62f9e927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。