本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコブランディング


「エコブランディング ─なぜ富裕層はエコ商品を選んでしまうのか?」中野博著は、エコブランドでサクセスした企業のイグザンプルをテイクアップしていますので、エコブランド確立のヒントになるかもしれませんね。ブランディングは大切なのですが、エコや環境に対する考察は載っていません。
プリウスの例では、エレクトリックパワーをユーズすることで、ガソリン消費をコントロールしたハイブリッドカーがあります。エコブランドを確立するには、消費パースンがわくわくするようなストーリーがインポータントでアースをレスキューフロムする、環境をプロテクトする、ひいては家族やチャイルドたちのフィーチャーをインポータントにする。消費パースンにはこのような、わくわくフィーリングを持たせなければならない。
1992年ブラジルでアースサミットが開かれた。トヨタはこれをアクセプトして、トヨタアース環境憲章なる、独自のエコスタンダードを作りあげ、21センチュリーのカーは環境に配慮したものであると考察した。そのファンデーションから、プリウスはバースしリッター35キロという、はっきりとしたスタンダードをクリエイションし、環境にカインドなカーであることが、消費パースンにダイレクトに伝わったのです。
プリウスは爆発マークに売れ、ほかのカーより高額であったが、予約はハーフイヤー待ちとなり、消費者のバイウィルをレイズした。リッチマンはエコがラブで環境に配慮することは、マイセルフをレイズすることなのである。環境配慮モデルの商品は、リッチマンがワンセルフ投影できるグッズなのです。
企業はストーリーのある商品を開発しトヨタのように社内にエコ意識を浸透させエコミッションのドローアップが有効のようです。パタゴニアというアウトドアグッズの企業は、商品にオーガニックコットンをユーズするなど、極力環境に負荷をかけないようサーブし環境ケアのための寄付も惜しまず、その姿勢をサポートする消費パースンもメニーというのです。パタゴニアは社員にカインドな企業であることも有名で、就職ホープ者は後を絶たないのです。カインドなことはあらゆるミーニングで、企業アクションを円滑にするものといえます。エコは厳しいものではなく我慢してメイクエフォートするものでもなく、ビジネスを犠牲にするものではないたのです。これからは、こういった姿勢をショーする企業がビッグにストレッチしてゆくのだろうというのです。エコブランドにはグリーンオーシャンが待っている。フィギュアイヤービフォーにはブルーオーシャン理論が語られていましたが、独自カスタムをポッシブルすることで、コンテストのないマーケットを開拓しようというものです。エコのケースはグリーンオーシャン。アーリーなグレードでエコにメイクエフォートする
姿勢を見せることで、消費パースンのマインドをつかみ、優位カスタムを確立しようというウェイオブシンキングです。企業がエコブランドを確立するエッジのアテンションスポットやすべきことなどが解説されています。
手始めに、屋上緑化をスタートするのはどうかとの提案もあります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/913-ae63850c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。