本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発のウソ


「原発のウソ」小出裕章著は、フクシマのアクシデントがゲットアップし、チェルノブイリをエクスペリエンスし、核というものにフィアーを抱いているのですが、原発事故よりもアフレイドかいのは、マスコミが一斉に放射能はセーフティーと言いスタートしたことです。ライターの小出ティーチャーのラジオ放送はYoutubeでリファレンスすればアピアーしてきます。
インテリらしい論理だったマナーオブスピーキングと、的確な指摘をする、ヒューマンなカインドさが感じられます。小出ティーチャーのブックが売れているのですが、ちなみに小出ティーチャーは京都大ナレッジのスタディーパースンなのです。
小出ティーチャーはロングタイム、京都大ナレッジ原子炉実験所でスタディーをされ、福島第一のメルトダウンを、3月の時点でスピーチしていたのです。原子炉はユージュアリー、ウォーターでクールし続けていなければならないのですが、ソースオブエレクトリシティーが失われれば、熱は収まらず、溶解してフォールダウンするのが自明の理なのです。カレント炉にウォーターをプットインしコンティニューしているのですが、よいメソッドではないと言うのです。なぜなら、入れられたウォーターは放射能をウェアーし、汚染水となり、ワークメンバーは大量被曝はまぬがれないというのです。
小出ティーチャーは溶解したフューエルが格納容器をもメルトし、ビローグラウンドにフローアウトしてビローグラウンドウォーターが汚染されてしまうので、遮蔽ウォールをといっているのです。放射能はなぜテリブルなのかと言いますと、ヒューマンのDNAを破壊するからで、サドンに大量の被曝をすると、コンストラクションがリターントゥライフすることができず、体がぼろぼろにフォールインしてしまうというのです。
原発アクシデントに際しては、政府はイグザクトなインフォメーションを流そうとしていない。なるべく隠蔽、スモールに見せようとするのがエヴァーである。マイセルフたちにできることは、風向きを見て、風下に入らないようにスピリットをデリバーすること。ビルディングのインサイドにゲットインし、ウィンドウを目張りし、ゲットウェットしたマスクでマウスをカバーすること。アーリーな段階でウォーターを汲んでおくこともインポータントだ。放射能のクラウドがアライバルしたアフターになっては、ウォーターサービスウォーターもウェルウォーターも、ドリンクすることはできない。トリップのタスクがあるときは、40歳以上のアダルトにリクエストするようにする。
なぜ原発をメイクするのか。そのリーズンは、原発は儲かるからで、エレクトリックパワーカンパニーは資産にアクセプトして、エレクトリシティープライスを上げ下げすることができる。原子炉がひとつできれば、資産がメニーになり、コレクションする金額が増えるのです。クリーンだと言われているが、原子炉は排水により、シーの温度を7度ほどあげている。ジャパンのシーは原発によって暖められているのです。エレクトリックパワーが足りないというのもうそだ。原発をムーブするために、止まっている火力発電プレイスが大量にある。余っている。これらをアクチュアルワークさせれば、エレクトリシティーが足りないなんてことはないのです。電力ディマンドが逼迫するのは、サマーのピークアワーの数タイムだけで、それだけのために、これほどデンジャーな発電アクトをとるネセサリーがあるのだろうか?小出ティーチャーの職階は助教授で、定年ジャストビフォーなのです。原子力ポリシーに逆らったらコウルドライスを食わされることになる。スピーチのフリーダムなんてない。サッチしめつけをしなきゃ、成り立たない原発なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/915-0c7f1cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。