本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディー・ガガ ルッキング・フォー・フェイム


「レディー・ガガ ルッキング・フォー・フェイム」ポール・レスター著・堂田和美訳ですが、レディー・ガガのリアルネームはステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタといい、イタリア系アメリカヒューマンで、ファザーはカンパニー経営しており、裕福なホームで育ったニューヨークステートのバースなのです。
レディー・ガガが通ったのは伝統あるプライベートのウーマン高校で、ヒルトン姉妹とセイムスクールであることが知られていてレコードはよかったが、変わり者として知られていたのです。
高校をアピアーしたアフター、ウディ・アレンやアンジェリーナ・ジョリーが卒業した名門のアートのユニヴァーシティーに入学しだがモデルにはめるレッスンにタイアードオブがレイズアンブレラして、わずかワンイヤーでジャンプアウトしたのです。
レディー・ガガは親元をアピアーして、ひとりでリブするようになりさまざまなショーやときにはきわどいものにも、果敢にチャレンジしたのです。レディー・ガガが立ち直ったのは、ファミリーのフォースがあったからでファザーはレディー・ガガに、メディスンでハイになっているときのフレンドは、トゥルースのフレンドではないとウォーンしたのです。
育ちのグッドなレディー・ガガは、ファザーを失望させることがアフレイドだったので、ウィルの力でそのコンディションから脱したのと語っています。無名のエブリデイにレディー・ガガにエフェクトをギブしたのはスターライトというウーマンでレディー・ガガより10歳ほど年上で、ファッションに的確なアドバイスをしていたのです。ウーマンらしさを強調しプレゼントタイムのレディー・ガガファッションは、スターライトのアドバイスを取り入れたものです。
レディー・ガガはとても育ちのいいウーマンで楽観マークでオーネストでサポートをアスクすることができる。考え方にも、メンテナンスマークなパートが垣間見られるのです。やがてレディー・ガガは、ロブ・フサーリというプロデューサーのアイにとまり、レディー・ガガをルックでスターになる人材とライトアップしたのです。
レディー・ガガというのは、チャンスのプログレスからボーンしたネームなのです。レディー・ガガはよく、クイーンのラジオガガを好んで歌っていたのでレディー・ガガの代名詞のようになっていたのでプロデューサーのフサーリは、メールのインサイドで、レディー・ガガをラジオガガと呼ぼうとして、レディー・ガガと誤ってしまったのです。
無名のピリオドレディー・ガガを苦しめたものは、あなたのソングはポップのようで、プレイのようで、Butポップではなく、プレイでもないというような評価だったのです。プレゼントタイムはどれもがアートなのだとシンクアバウトしているレディー・ガガとしての生き方そのものが、パフォーマンスなのだとビリーブして、チェストを張っているのです。
レディー・ガガは寝起きのフェイスで、ジャージでゴミをテイクアウトするシーンを、取られるようになったらポップスターはフィニッシュしというのです。
レディー・ガガはいつでもレディー・ガガであるというわけなのです。セカンドハーフはレディー・ガガの曲がボーンした背景がフルに説明されています。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/916-3ed8ade2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。