本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風をつかまえた少年


「風をつかまえた少年」ウィリアム・カムクワンバ著、池上彰解説は、スクールに行けなかった少年が、一冊のブックを頼りにウィンドパワー発電を成し遂げた、さわやかなインプレッションをコールアウトする海外ドキュメンタリーです。
ウィリアム少年は1987イヤー、アフリカのマラウイというカントリーに生まれで、ファザーはトールフィギュアでストロングマンで、マーケットで出会ったドーターとラブにフォールダウンし、4人のドーターと、ひとりのサンにリッチインしたのです。両親は敬虔なキリスト教徒で、マラウイがリッチなピリオドには、親類の農園をヘルプハピネスにリブしていて、一番オーバーのドーターには、ファインなトレーニングを受けさせることもできたのですが、飢餓のイヤーが来てレインが降らず、プロデュースが実らなず、アットザットタイムのマラウイプレジデントは「おかしなヒューマン」で、国庫にはコーンの備蓄があったのに、役人がニヤーフィーチャーのマネーにアイがくらんでフォーリンカントリーにセルオフしてしまったのです。
カントリーインサイドに飢えがスプレッドし、奥地からワークやフードをリクエストしてさまよいアピアーするヒューマンが増え、フードは次第にボトムをつき、餓死パースンまでアピアーするありさまなのですが、プレジデントはハングリーして死んだヒューマンなどいないと、クールとしているのです。このとき、ウィリアムのファミリーは少ないとうもろこしを分け合ってイートし、菓子を売ってマネーを稼ぎ、それでもフードはイナフではなく、ファミリーはエブリバディ、ベルトをハードに、ハードに締めて、空腹がまぎらし、スピリットをルーズしそうにならずにすむのです。そのイヤーは、ウィリアムの進学のタイムで、オーバーのドーターはスクールにやれたが、サンの学費を出してやれず、ファザーはトラブルしたのです。ウィリアムの未来が、貧農か日雇いと限られてしまう。なんとかスクールにやりたいが、食いつなぐのに精一杯で、学費を捻出することができない。ウィリアムもアンダースタンディングし一タームだけ通ったスクールをあきらめ悔しくてたまらなかったので、プアーさに流されるのはいやで、日雇いで稼いだマネーを、一イーブニングの酒代でスペ
ンドするようなライフは、絶対にセンドしたくない。
ウィリアムのホープとなったのは、サポートアソシエイションが開設したタウンのライブラリーだったのです。ライブラリーで一冊の物理ナレッジの本と出会い、ワードはわからなかったけれど、フィギュアがディーテイルで難なくアンダースタンディングすることができたのです。ウィリアムはアゴーから、ラジオを分解したりするのがラブなチャイルドで、ある日風車の写真をウォッチして、ウィリアムはあることをシンクオブするのです。風車は、エレクトリシティーをレイズするためのものとノウする。風車ならできる。メイクすることができる。ならばこのヴィレッジにも、エレクトリシティーをプルすることができるはずだ。ウィリアムはタウンのゴミスローアウェイしプレイスをあさった。おかしなチャイルドだと、ホワイトなアイで見られても、やめられなかった。フレンドにリクエストし、サポートをポッシブルし、ウィリアムはとうとう風車をセットアップする。このときのマテリアル集めがとてもインタレスティングだった。バッテリーがほしいが、どこにも見当たらない。バイシクルを持っているチャイルドをディスカバーして、バッテリーをくれと頼み込む。風車
のウィングはトラクターのファンだ。ウィリアムの両目には、ゴミ捨てプレイスが宝のマウントに見える。
ジャパンのように、ホームセンターがあるわけではない。あちらこちらをかけずりまわり、まるでワークのようなウィリアムの風車がコンプリートする。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/918-14ce721b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。