本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫


「ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫」吉山勇樹著は、張り切って過ごすコツやてきぱき仕事を進めるコツなどがまとめられたブックです。提案サブジェクトは結構ありがちですが、まんががマテリアルマークでわかりやすく、プラクティスがシンプルに思えるのがいいです。ダメなパターンからスリップアウトするために、わかっていてもやめられないダメパターンがあるときに……。
・よく眠る:テレビをビューしていてもトゥモローのことをシンクアバウトするとモヤモヤして眠れない。サッチときは思い切って、ヘッドのインサイドのことを書き出してみるのです。客観的にビューすると、プロブレムスポットがネイチャーに整理される。できればディールウィズアクトもノートして、やってみよう。
・継続する:ホワットをやっても三日坊主というマイセルフが、物事をコンティニューするコツとは、4日目にチェンジをつける。三日坊主と言われるからには、ヒューマンの持続フォースなんて、3日がせいぜいということかもしれないのだったら4日めを意識して、プログラムにアレンジをアッドしてみるのです。
・目の前の仕事に集中する:メールが来てワークをブレイクしてリプライする。またメール、ワークブレイクして、リプライする。サッチことのリピートし、よくあることですが、メールチェックはタイムをディサイドして、集中してやる。マイセルフの開店タイム、閉店タイムをディサイドすることもインポータントにする。ひとりになるタイムもメイクする。
・効率を上げる:慣れたプロセスを疑ってみる、たとえばイーブニングミールでワークリターンにマテリアルを買って、メイクするのがレギュラーだったとするケース、ショッピングのタイムを省くために、宅配にしたら楽になるかもしれません。効率を上げることを、怖がったり、ためらわない。
・人をほめる:フェイスと向かっては恥ずかしいし、お世辞ソートオブでいやらしいと思われるときは、ヒューマンを通してほめることをテストしてみよう。誰かのいいところをリメンバーし、ディッファレンスの誰かにリポートする。メールでも、カンバセーションでも。まわりまわって、よいワールド関係が築けるはずです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/919-d321c809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。