本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩きながら考えよう


「歩きながら考えよう」安藤忠雄著は、NHKで放映されたものを「100年インタビュー」としてまとめたもので、コンストラクションハウスの安藤忠雄さんが自らのライフをターンヘッドする。大阪の下町でバーススタディーについて、とやかく言われたことはなく、帰宅アフターはまっすぐアウトサイドにジャンプアウトするようなチャイルドだった。
近所には、鉄工プレイス、ゴーボードハウス、ゴーピースハウス、カーペンタープレイスといった、ものをメイクする職場があふれていた。安藤忠雄さんはそれをウォッチするのがラブで、特にオポジットのカーペンタープレイスには、よく遊びに行って、ヘルプもさせてもらったのです。コンストラクションハウスというビジネスがヘッドに浮かんだのは、中学生のときでハウスの増築のエッジに、カーペンターさんのワークにロングフォーしたからです。ハウスが変わっていく。ルーフが抜かれて、ぽーんとブルースカイが見える。ワーカーさんは、ランチも取らずに懸命にワークする。無我夢中のワークというものを、初めて目の当たりにした。
高校を出て、ワンアワープロボクサーに。Butリミットをアンダースタンドし、チャイルドのタイムのドリームにカムバックする。安藤忠雄さんはユニヴァーシティーをアピアーしていないのだが当時は、大卒でなくても種々の資格がカムオフした。ニューズトレーニングにスタディーし、コンストラクションの資格を次々とゲインした。24歳のときフォーリンにアピアーした。餞別には、タオルとか、歯ブラシだとか、ストレインジなものばかりもらった。当然、マネーがない。節約しながらの、ひたすらの貧乏トラベルだ。歩きに歩いた。
安藤忠雄さんはヤングな人にポイントして、歩け、とティーチしている。一度、京都のスチューデントを、大阪から歩いて帰らせたことがある。ドリンクしアンダースタンディングのアフター、終電をセットフリーしたそのスチューデントは、8時間かけて歩いて帰宅した。ダークなインサイドをウォークし、日の出にミートバイチャンスし、タウンのビューティフルさを発見したはず。コンストラクション家としての、エッセンスマークなデビューとなったのは、大阪に立てた「住吉の長屋」だ。敷地は13坪。間口は3.6m、デプス14.4m。スペースにミドルコートがある。トイレにゴーするにも、いちどそのガーデンを通らなければならない。冷暖房の設備もなくて、「住吉の長屋は我慢のコンストラクションだ」と言われた。リブインする人に我慢をフォースする。リブインしコンティニューしてくれているヒューマンに、安藤忠雄さんはサンクスしている。オフィスを開いても、ビギニングはワークなんてなかった。だからビジネスにゴーアウトした。断られても、つらいとは思わなかった。そういった、連戦連敗のおかげで、プレゼントタイムのマイセルフ
がリブすると思っている。
阪神大震災の復興プランにも携わった。コンストラクションとは、安全がベストなのだとシンクする。これからのヤングなヒューマンには、セーフティーで、100年後、200年アフターを見据えたコンストラクションをプランして欲しいとウィッシュする。ワイドに視野を持って、コンストラクションだけでなく、ライフや、暮らしについて学んでもらいたい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/920-c877e1dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。