本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「折れない心」をつくるたった1つの習慣


「『折れない心』をつくるたった1つの習慣」植西聰著は、ワンセルフポジティブフィーリングを持ち物事をディッフィカルトなように解釈せず、ポジティブソウトにとらわれることなく、ディッフィカルトなことには冷静にディールウィズし、アンガーや悲しみ、負のフィーリングにとらわれず、ショルダーの力を抜いてリブするという内容です。
嫌味なビジネスコンパニオンに「厳しいなあ、Butいつものことだから」とシンクアバウトするヒューマンと、「またバカにされた、オーダーもいやなソウトをしそうだ」と思ってしまうヒューマンがいる。コンフォートにリブするならフォーマーで、ヒューマンのワードにあんまりレフトアンドライトされないほうが、ライフはファン。プレゼントタイムのマイセルフをポジティブし、このままでいいと、マウスにテイクアウトして言って、マイナススピーチばかりする人からは、ディスタンスをプットするのもひとつのウェイなのですが、マイナスフィーリングのすべてを封印するというのも、ワールドにはインポッシブルなことなのです。
サッドなときやディッフィカルトなときは、勇気をテイクアウトしてそれをライトアップし、そんなデイオブマンスはアウトサイドに出ない。いつもポジティブじゃなくていい。バケーションのデイオブマンスは、のんびりクリーニングだけでパスする。
ペインとはロングには続かない、フィギュアイヤービフォー、思い悩んでいたマターは、プレゼントタイムでもトラブルのカインドであるだろうか。ディアーに思い返すことはあっても成長したマイセルフとっては、それはもはやスモールすぎるトラブルだ。ダイするほど思い悩んでいることも、フィギュアイヤーパスすればファニーストーリーにあることがある。プレゼントタイムの悲しみにとらわれないように。俯瞰する目を持とう。へこんだときリカバーするメソッドを、あらかじめシンクアバウトしておくとよい。
ディープブレスしてみる。スイートなドリンクをドリンクする。ヘッドのオーバーでハンドを組んでストレッチ。嫌なことはいいことの前触れとシンクアバウトしてみる。マイナスメインコーズを紙に書いて捨てる方法がある。「タイムを守れないマイセルフ」「どうしようもないことをくよくよ悩むマイセルフ」「ヒューマンのワードに振り回されるマイセルフ」嫌なことをペーパーに書いて、びりびり破ってみる。バーンしてみる。シンプルで、拍子抜けするようなメソッドだが、やってみると案外すっきりとする。マイセルフをチェンジしたいヒューマンにはおすすめ。
ひとりになるデイオブマンスをメイクする。タイムをメイクする。一ウィークに一日だけ、残業を切りあげてカフェでパスするタイムをクリエイトする。ひとりになってマイセルフとカンバセーションすることで、得られるものはたくさんある。脳はイメージと現実を区別できないから、ずうずうしくてもよいイメージを描いてみよう。そのうち自信もついてくるし、ふさわしいマイセルフになることができる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/921-c85b2092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。