本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱思考



情熱思考」是久昌信著は、世界のグレートマン45人の挫折とサクセスをノートしたブックで、ワンセルフ啓発マークなポエムソートオブなセンテンスです。
・J・K・ローリング:ハズバンドと離婚し、実母がダイし、収入がストップしたタイムがあった。ドーターはボーンしたばかりで自殺までシンクアバウトした、つらいつらいタイムだった。狭いアパートに住んで、就職のためのスタディーをコンティニューした。サッチインサイド、シーのサポートとなったのは、ストーリーをライトすることで、ドーターが寝た後に、近所のカフェで黙々とストーリーをライトしコンティニューした。ライトしフィニッシュしたものを出版カンパニーに送ったが、よいリプライは得られなかった。どこに送ってもNOの連続でもあきらめず、ホワットディグリーもチャレンジして、ようやく出版がかなったのが「ハリー・ポッターと賢者の石」なのです。
・ハワード・シュルツ:プアーなハウスにボーンし、ファザーをリスペクトできなかった。そのファザーは、懸命にワークしコンティニューしたアフター、肺がんでデスする。少年はシンキングをチェンジした。ソサエティーには、一生懸命働いても報われないことがある。どうにかして、チェンジすることはできないか。がんばったヒューマンが報われるカンパニーを、メイクすることがドリームとなった。ユニヴァーシティーをアピアーして、セールスのワークをしていた彼が、出会ったのが一パッセージのコーヒーショップ。当時はまだ珍しい、イタリアンスタイルのストアーだった。そのネームはスターバックス。一日働いたヒューマンが、一杯のコーヒーで癒される。このビジネスだとソウトをディサイドして、スターバックスのフランチャイズ化にアクティビティーする。従業メンバーも、お客さんも、エブリバディがハピネスになれるワークなのです。
・トーマス・クルーズ・メイポーザー4世:ベリィヤングなタイムのトーマスのドリームは、パイロットになることだった。しかしアダルトは「スタディーがプアーなチャイルドにはパイロットはインポッシブルだ」と言った。トーマスはセンテンスをリードすることができなかった。レターが逆に見え、ヘデックがする。「ユーはスタディーダメージなんだ」とも言われたが、トーマスはへこたれなかった。ドリームをあきらめずアクションし、ついに23歳のとき、バトル機パイロットのプラクティスをオファーされた。もちろん喜んでアクセプトした。ドリームがかなうモーメントだった。訓練の成果は、ムービー「トップガン」として、全ワールドのスクリーンに映し出されたのです。トーマス・クルーズ・メイポーザー4世とは、アクタートム・クルーズのリアルネームなのです。
私たちは、得てしてサクセスパースンのカレントだけにアイをポイントしがちですが、ブリリアントなサクセスのフィギュアにはいろいろな苦難があるのです。グランドなミステイクや挫折をリピートしているのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/922-26c8e4a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。