本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強マフィアの仕事術



最強マフィアの仕事術」マイケル・フランゼーゼ著・花塚恵訳のライターパースンヒムセルフが、パーストマフィアであって、マフィア風のビジネススタイルを解説したブックではないのです。
マイケル・フランゼーゼさんはマフィアのサンでプリズンにいるファザーのために、マネーを稼ごうとビジネスをはじめ、次第にマフィアとのチャンスもディープり、ラストマークにはファミリーのパースンとなったのです。脱税オイルの販売で巨額のウェルスをポッシブルしたマイケルさんは、サクセスにはグレートエフォートが欠かせないのだと断言している。必ずしも報われるわけではないが、グレートエフォートなくしてサクセスはありえない。
マイケルさんはパジャマを一枚も持っていないのですが、あるときよそのファミリーのパースンだったマンが狙撃され、殺されるイベントがあった。モーニング11時にパジャマフィギュアで朝刊をテイクしにアピアーしたところだったが、ボスたちは、大いに嘆いたという。「パジャマフィギュアだと? いったいどういうことだ。モーニングの11時だったと言うのに」
夜明けオブコースにワークしスタートするようでなければ、ビジネスでのサクセスはつかめない。ハードワークこそがすべてと、スピリットに銘じるべきである。マフィアのワールドには独自のルールがあった。ゼイは侮辱されることをホワットよりもヘイトする。ほかのファミリーのパースンとトラブルがあったときなどは、「シットダウン」が解決のために開かれた。シットダウン。シットする、という意味合いだがマフィアはディスカッションのミーニングでユーズする。いさかいがあると、「ひとまずシット」と言われるが、これはディスカッションをしようということである。
マイケルさんも、腐ったチキンミートをつかまされたイベントや、カーの販売のトラブルなどで、他ファミリーとのシットダウンをエクスペリエンスする。このときスピリットをつけるべきことは、マイセルフから話さないということだ。コンパニオンからトークを聞きだす。プルしテイクアウトする。フィーリングマークになってはいけない。バカにされても怒らない。無用のことは言わず、コンパニオンから言質をプルアウトする。虚勢であっても、弱みをショーしてはいけなかった。コンパニオンを侮蔑したことをライトアップすると、命取りとなってしまう。非を認めてはいけない。コンパニオンがエゴのハードなパースンであれば、そのエゴをユーズするくらいのワイズさがほしい。
マフィアはマキャベリをライクする。コンストラクションのためなら不正をいとわず、ラブよりもフィアーでヒューマンをコマンドせよとエクスプレインする考えだ。マイケルさんもヒーに夢中で、その教えをプラクティスし、ライフのジェネラリィをパスしたがマフィアを引退したプレゼントタイム、ソロモンのレッスンにマインドを惹かれている。
不正でポッシブルしたものは残らず、ライトなアクションこそが報われるというもの。ラブとトラストでヒューマンを結べと、ソロモンはティーチし、ショーしていた。マフィアをやめたアフター、シーリアスな苦難がマイケルさんを襲った。膨大な課税がなされ、財産のほとんどを失った。暮らしにウォリードするエブリデイがあった。ライティングやアドレスで生計をたてられるようになり、ジェントルなライフを享受できるようになった。ファミリーとのタイムも増えた。これまで犠牲にしてきたものを、やっと取り戻せたようなフィーリングだ。家族はインポータント。マイセルフのタイムもインポータント。ハードワークはインポータントだが、ワークばかりのライフもよくない。高校などでもアドレスをパフォームすると伺って、アメリカ社会はポケットがディープなのだなあと、改めて感心する。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/926-84fd4772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。