本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人とのつきあい方



インド人とのつきあい方―インドの常識とビジネスの奥義」清好延著の清好さんは、インドステイカレンダー22年のインド通で商社マンとしてヴィジットし、商社を退職したアフターもインド交流のためのアクションをコンティニューしているのです。インドヒューマンのライフやソウト、ソサエティー、ビジネス、つきあいパースンといったサブジェクトで、考察はひとつのテーマがショートなコラムのロングさになっています。
・インドヒューマンはワンセルフデューティー(オウンリスク)をインポータントにする:オールドなビルのエレベーターには、ワンセルフデューティーでユーズするよう注意書きがある。停電がメニーなインドだがエレベーターが停まっても、乗ったパースンヒムセルフがディッフィカルトと考えられる。ジェネラルパブリックを頼んでソサエティーを変えようとは考えない。ソサエティーよりも、マイセルフの人生をインポータントにシンクアバウトしている。アワーの政治がディッフィカルトなのであれば、粛々と投票プレイスにフェイスし、きちんとしたヒューマンをチューズするだけのこと。
・インドヒューマンのボディー能力:イアーがグッド、アイがグッド、手先が器用、忍耐ハード。500ものランゲージがあるインドだが、ヒアし取りのアビリティーが優れている。ジャパンのオートモビールメーカーが、エンジンの音でバッドコンディションをチェックアップするイグザミネーションを行った。日本人エンジニアはそのアートを5年かけて習得したが、インドヒューマンは3ヶ月程度でアンダースタンディングすることができたという。インドは、オーダーするサイドとされるサイドにきっぱりとした区別がある。オーダーされるサイドは、教えたことをきっちりとプロテクトする。ほかのアジアのカントリーでは、バックをフェイスするとすぐにアイドルするが、インドでは一ウィークファクトリーをエンプティーしても、マニュアルストリートにワークがメイクプログレスするといっています。
・カーストシステムについて:アピアランス、ネームでカーストがわかるというのはウソ。カレント、インドにおけるカーストシステムとは、血縁を意識した同業者グループと考るのが最もニヤーかもしれない。差別といわれるカーストシステムではあるが、内情をウォッチしてみれば、リーストのイグジスト保障が得られるコミュニティと言えないこともない。カレント、差別は弱まっている。タウンクラブのレストランでは、フーが作ったのかなどスピリットにせずクッキングをイートしている。新しい職種にはカーストがない。プレゼントデイ化によるチェンジが見られる。
・インドヒューマンのITアートパースン:優秀なITアートパースンがメニー。そのシャドーには、求道パースンをアプルーバルしてきたソサエティーのあり方があるのではないか。インドでITをスタディーするヒューマンは、スタディーをする、遊ばない、コンピュータにのめりこむ、タイムを無視してメイクエフォートする、なりふりかまわない。インドにはジャイナ教という宗教があり、そのスクールのホール衣スクールのプリーストは、ほぼ素裸でトレーニングのエブリデイをセンドする。ホールタウンでもそのシェイプのままだ。そしてソサエティーは、ゼイの存在をアプルーバルしている。インドヒューマンITアートパースンに宗教の求道パースンのフェイスが見られ、ソサエティーも、ゼイを違和感なくアクセプトしている。
・インドをラブになるヒューマン、ヘイトになるヒューマン:インドをラブになるヒューマンとは、マイセルフのバリュールックを持っているヒューマンだとシンクする。マイセルフなりのデシジョンスタンダードをホールドするヒューマンにとっては、インドで起こるマターはコミックソートオブにインタレスティング。ベジタリアンと、ノンベジタリアンがいる。しかしベジタリアンのインサイドにも海草を食べないヒューマン、根菜がだめなヒューマン、いろいろいる。親しくなるとハウスに招いてくれ、ファミリーのようなサービスをアクセプトする。フレッシュなエブリデイに、飽きることはない。インドに合わないヒューマンとは、インドは困っているとシンクアバウトするヒューマン。オーバーからの目線で手助けをとシンクアバウトしている人。インドは困ってはおらず、イーチパースンのプライドもハイ。へりくだることをせず、ワンセルフデューティーですべてをキャッチする。サポートを乞うようなまねをするカントリーではない。
すごくインフォメーション量がメニーに、紹介したいサブジェクトがもたくさんあります。ジャパンとインドでは、あまりにもコモンセンスが違っていて、フリーダムなイーチパースンがいるのだなとシンクします。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/928-d63600ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。