本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆるめる」身体学



「ゆるめる」身体学」高岡英夫著を開いてみると2ステップクラスで、サブジェクトはシンプルで、セイムことがホワットディグリーかくり返されるので、さほどタイムはかかりません。ボディーはゆるんでいるのがいい。ゆるんでいると疲れないし、イマジネーションノットレスザンのパフォーマンスが引き出せる。トップグレードアスリートはエブリバディゆるんでいる。体力は加齢とともにフォールダウンするといわれているのだが、実際はボディーがソリッドになることが体力フォールのコーズである。ボディーをゆるめることで、サウンドをキープすることができる。ゆるみは少子化もレスキューフロムする。ウーマンのボディーがゆるまると、自律神経のバランスがよくなり、疲労が少なくなり、若返り、スキンがきれいになり、発想がリッチになり、結婚をしたくなる。センスがゆるやかになるから、いろんなものを受け入れられるようになる。バースもコンフォートにパフォームすることができる。
男性にとっても、ゆるみはインポータントだ。ホームにおいて。固まっているマンはゴミバッグがアイに入っても、「やらないとまずいよな」とシンクしつつ、ムッとするばかりで動けない。だがゆるんだマンは、「俺がスローアウェイしてくるね」とコンフォタブルにボディーをムーブすることができる。ウーマンのフィールドと思っていることにも、怖がらず、ためらわずに入っていくことができる。シングルマンはウーマンをおっくうがらなくなる。ボディーをゆるめることで、たくさんのよいことがゲットアップする。
スポーツのトレーニングに応用されていた考えで、ライターが提唱するゆる体操を、トレーニングとしてハーベストしたチームがあった。鹿屋体育大学のバスケットクラブだ。このクラブでは、3タイムのプラクティスのうち1タイムハーフを「ゆる」にヒットした。アングザイエティーがあったが、レコードはたちまちライズし、なんとホールカントリー優勝まで勝ち取ることができた。何より、怪我が少なくなった。関節の稼動ステージが増えたせいだろうか。プラクティスの疲れも残らなくなり、ユニヴァーシティースチューデントの選手たちはプライベートも充実させることができるようになった。これまではプラクティスの疲れがひどく、ファミリーとのカンバセーションもおなざりであったのだそうだ。発想がリッチになり、バイチャンスなパスがパスするようになった。ゆるで成績が上向きになるカスタムは、ほかもあちこちで見られる。老化チェックのため、エリアで取り組んでいるプレイスもある。三重県の、高齢パースンがメニーなタウンだ。ボディーをゆるめることはファンなことなので、高齢パースンでもストレスなく続けられる。肥満が改善され、中性
ファットは減少し、マインドマークなサウンドディグリーもあがった。
巻末にゆる体操のルックがある。「グッドフィーリングに」と言いながら手首をさすったり、「プラプラ」とマウスにしながら手首をロックしたり、ユニークで面白い体操です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/931-c84ab4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。