本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デヴィ・スカルノ回想記



デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨」ラトナ サリ デヴィ・スカルノ著の著者は、昭和15年、東京にボーンし、ファザーはワンセルフなカーペンターだったが、空襲でやけどをベアーし、メチルアルコールで視力をなくし、家計を支えたのはマザーの奮闘だったのです。
ライターはひときわビューティフルなドーターであったようで、進駐軍にものをねだるのに、担ぎ出されることがよくあった。アダルトがライターを抱き上げてショーすると、米ウォーソルジャーはよりメニーのものをイーチパースンにギブしてくれたという。ライターは負けず嫌いのドーターだったので、ソルジャーのアームにハングフロムするジャパンウーマンのフィギュアをウォッチして、このホワイトパースンたちを見返してやろうとデシジョンしたのです。
ライターは千代田生命に就職し、英語をスタディーし、アクトレスとしての修行も積むようになったのです。やがてライターは、アメリカの宝石商のジミーさんのヘルプになることとなったのです。ジミーによって、プットオンクローズズし替えドールのように飾られたライターは、フォーリンカントリーヒューマンがギャザーするナイトクラブへもインアンドアウトをするようになったのです。
その頃ライターには、さまざまなコンフリクトがあったが、マザーと弟のトラブルを見なければという心理的なロード。妻子のあるジミーとのカンパニーも、いつまでも続かないという閉塞フィーリングがあったのです。
そこにアピアーしたのが、イーストデイオブマンストレードというカンパニーをキャリーオンする久保というマンだった。久保によって、スカルノプレジデントとのミーティングはアレンジされたわけだが、ライターバイワンセルフはそこになんらの影もフィールしてはいなかった。週刊マガジンには、戦後賠償と書かれたこともあるが、ミーティングはまったくのチャンスのようにヴィジットしたのだった。
スカルノプレジデントより、インドネシアへのインヴィテーションをアクセプトする。アクセプトすれば、そこに男女の関係があることは、おぼろげながらフィールしていたのだがまさか、というフィーリングもあった。思い切って旅立ってみると、インドネシアは旧宗主国オランダにシミラーしたビューティフルなタウンで、プレジデントは偉大な、ストロングな磁場をホールドするマンだった。
「わたしのインスピレーションとなってください」このパワフルなプロポーズに恍惚となったライターは、インドネシアでリブすることをデシジョンする。懸案の母と弟のライフは、久保がテイクアップすることとなったが、プレジデントの周りにはたくさんのウーマンがいた。日本人で、結婚がうまくいかず、自殺をキャリーアウトしたウーマンもいる。正妻ファトマワティ、第2ワイフのハルティニ。プレジデントのハードなライフフォースは、そのライフにメニーのウーマンをネセサリーとしたようだ。
JALのジャカルター東京間のルートをプルするのに、プレジデントにマウスぞえをしたことがある。ジャパン企業のフィクサーのようなパートもパフォームしていたようだ。最愛のマザーと弟を看取る。週刊マガジンなどがインタレスティングハーフではやし立てたため、ライターのマザーはマインドを病んでいたそうだ。高血圧のコンディションもあり、弟は自殺である。マザーと弟をキルして、プレジデントを選んだのだという、あるカインド悲痛な思いがライターのうちに芽生えた。ジャパンとインドネシアのブリッジビルディングウォーとして、ライターはメニーに、ジャパンのインポータントパースンに会った。インドネシアはカントリーの再興のため、ジャパンに戦後賠償をディマンドしたが、インフラコンストラクションワークにジャパン企業を参入させ、インタレストの還元があった。
一貫してサブジェクトマークなセンテンスであるが、説明が省かれているパートがあるので、インドネシアヒストリーを知らない人には、すんなり背景が飲み込めないパートもあります。ライターのアイをレットパスしてみると、やはりスカルノプレジデントは公正で偉大なガイダンスパースンであったのだというのです。旧宗主カントリーのルールを断ち切って、独立をリクエストする国々をサポートした。1955年のアジアアフリカミーティングにおいて、主導ライトをとったのはスカルノである。やがて、スカルノはスハルトによってパワーのシートを追われる。ワールド関係などグリーンに、全体イメージはあまりキャッチできないなりに、そのプレイスにいたヒューマンにしかわからない緊迫フィーリングがあってインタレスティングなです。クーデターのチャンスに、ライターはドーターをギブバースするためにジャパンにやってきていたが、そのままインドネシアにゴーバックすることができず、パリへゴーし、ビジネスとラブのエブリデイをセンドする。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/936-5b33503e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。