本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読まずに小説書けますか



読まずに小説書けますか 作家になるための必読ガイド」岡野宏文、豊崎由美著の書評家の豊崎由美さんはグッドにリードするパースンがグッドにライトするといっていますし、現代ライターのインサイドには、あまり本を読まないまま作品を書いているヒューマンがいるのではないかといっています。
ブックを読まないライターのワークは、書割ソートオブにペラッペラでワールドルックもボトムが浅いというのです。ライターとなるためにはホワットブックをリードすればよいのか。メニーにリードすればよいわけではなく、読み方にはやはりコツがあるというのです。
ファンデーションマークには書評コレクションで、キャラクターストーリーとは。ピカレスクロマンとは。比ゆとはこのような、ライターがネセサリーとするオピニオンをメインにブックが選ばれていますが、解説がインタレスティングので、本好きなヒューマンが読んでもイナフに楽しめるとシンクします。
・ホラーストーリーをライトするケースは、フィアーをドローしたいなら、ストーリーのモデルをユーズしろ!取り上げられるワークは、スティーブン・キングの「キャリー」。キングの作品の特徴は、レギュラーがそのステージであること。アピアランスキャラクターも生き生きとしていてユニバーサルマークであり、リーダーがフィーリング移入をしやすいようになっている。
「キャリー」は青春ストーリーでもある。フーしもが経験するトラブルやコンプレックスがビューティフルに描写されている。またそのモデルは「みにくいアヒルのチャイルド」や「シンデレラ」に通じるパートがある。ホラーを書こうとシンクする人は、目新しさをルックフォーするよりも、語りつくされたストーリーのインサイドにヒントをポッシブルするとよいかもしれない。
その他、ヘンリー・ジェイムズの「ねじの回転」、スプリング鏡花など。ホラーのファンデーションはポオであるから、これも必読ということのようです。

・インプレッションストーリー「泣かせるストーリーがライトしたかったら、冷徹になれ!」重松清「流星ワゴン」。だがこれは、ふたりにとってはそれほど「泣き」のワークではなかったソートオブです。クライすることに関してはやや辛口。リストラオールドマンがワゴンに乗ってパーストのマイセルフにミートしにゴーする。キャラクターのディープナレッジ、ストーリーの進め方などはビューティフルだが、インポータントなルールが反故にされていることが、ふたりには気に入らないようです。
ワゴンでのイベントは、メモリーに残らないはずなのに。ラストシーンでメインキャラクターは、なにがオンリーの心境のチェンジをフィールしている。それはリーダーに甘えているということだ。インポータントなクリエイションをフォゲットしてインプレッションしてくださいと、ライターが言うのはルール違反だというのです。
別役トゥルース「さばくのタウンのX探偵」、井上ひさし「手鎖マインド」など。だがホワットをモデルにしても、鉄則はひとつ。作者は決して泣いてはいけないということ。泣かせのシーンこそ冷徹にライトしたい。「これでワールドは号泣必至」とほくそ笑むくらいのネイチャーが必要だ。
そのミーニングでは、浅田次郎などは泣かせのプロといえるのでは。巻末、桜庭一樹さんとのトークが収められている。桜庭さんは一日一冊のペースでブックを読んでいる。レギュラーなライフをして、ライトする体力を養っています。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/938-9e387d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。