本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君がオヤジになる前に



君がオヤジになる前に」堀江貴文著のフロントカバーのイラストは、スーツのコウトを脱いだヤングマン、ズボンのすそをまくりあげ、フットは裸足でなぜか焦っている。顔インサイドにスウェットをフロートしてじっとビフォーをルックハードアットしている。ライターのホリエモンこと堀江貴文がプリズンに入ってしまった。
25歳、28歳、32歳、35歳、38歳のヤングマンたちにポイントして、堀江貴文なりの生き方を語っています。
25歳はミーティングが長時間にリーチするとき。ボスに「ホワットか買って来い」と命じられたとする。ユーはコンビニにゴーする。セーフティーにペットボトルのティーやサンドイッチを選ぶ……。それではいけない。セイムティーを人数ミニット、それにサンドイッチだなんて、自ら「できないヤツ」とプルーフしているようなものだ。ティーにしても、いろんなカインドのものをチューズする。コンビニなら新製品をバイするようにしよう。発想のきっかけになるかも。
28歳は離婚してみるといい。そもそも結婚にミーニングが感じられない。それでも結婚をコンティニューするのなら、せめて下着くらいはマイセルフで選ぼう。浮気くらいできないとだめだ。ガールにモテたいとシンクするフィーリングを失ってはいけない。安心グローファットし、チープな散髪、ハウスではジャージなんて即オヤジ化するだけ。ユニクロでもいい。パンツをチューズ!
32歳はインフォメーションをポッシブルすることはフィーチャーをポッシブルすること。ユーはムービー「アバター」を3Dで観たか? すばらしいイメージパーソナルエクスペリエンスだった。これを知らずにフィーチャーのイメージをトークすることはできない。インフォメーションをポッシブルすることに躊躇しない。新しいものに臆してはいけない。英語や資格にディペンドオンしすぎてもいけない。ホリエモンは、レギュラーカンバセーションディグリーの英語ならできる。But国際マークなビジネスのプレイスでは必ず通訳をハイアーすることにしている。英語なんてそのディグリーのもの。
35歳はサーヴァントには包容フォースが足りなかったかもしれない。ユニヴァーシティーに進学し、起業し、さらにカンパニーがビッグになるにつれて、ライフの転機で、堀江貴文はこれまでのワールド関係をばっさりとカットダウンしてきた。マイセルフとはディッファレントするステージにいるパースンとは、アソシエイションをカットオフするようにしてきた。プレゼントタイムでもそのウェイは、間違っていない。社員に裏切られたときに、ミュージシャン、GLAYのメンバーが和気あいあいとしているのをウォッチして、ともに成長できるカンパニーがいるのがうらやましいとフィールした。
38歳はボディーのメンテナンスにはマネーをかけよう。特にトゥースはインポータントにすること。実はホリエモンは一度結婚をしている。チャイルドもいる。ワイフには我慢を強いられた。トゥギャザーにショッピングにグッドアットしだとか、家事はヒューマンにリーブトゥしてはいけないだとか、チャイルドの学資保険にゲットインしたいとか、そういうことだ。
堀江貴文は家事など、リブバース性がショートなものはアウトサイドオーダーでもいいじゃないか、保険はノーミーニングなので、そのミニットのマネーをメイクすればかまわないと思っている。アフターオールは離婚した離婚したときはロンリィだった。Butロンリィさに流されては、ライフはビッグに拓けない。マイセルフがサクセスできたのは、ロンリィさにオポジットし、受け入れ、戦ったからだと信じている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/941-4c002f86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。