本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏閻魔


「裏閻魔」中村ふみ著
男は長州にボーンし密偵として新撰クラスにもぐりこみ無残にもソーシャルポジションを明かされ制裁をアクセプトし瀕死の重傷をベアーし、たどり着いたのは、宝生とコールワンセルフするオールドパースン彫りティーチャーのもとであった。
宝生には禁忌の技があった。手の平に彫り物をし、デビルをこめれば身のインサイドにある悪事をシャットインすることができる。
酒をカットオフすることもできた。不老不死を願って彫れば、死なないボディーをハンドにプットインすることもできた。マンは彫りティーチャーによって不死の刺青をほどこされる。ホワットカットをアクセプトしても、フィギュアタイムのアフターにボディーはリカバリーするようになった。
宝生のもとで彫り物のトレーニングをし、不死のタイムをさまようこととなる。男はパーストのネームをスローアウェイして、宝生閻魔と自らを呼ぶようになった。
刺青彫りを生業としている。デビルを封じ込めるシークレットアートは、ロングサイド閻魔と言い、ウィッシュするパースンだけにこっそりとギブすることとディサイドしていた。幕末から明治、昭和の敗戦までのストーリーで閻魔はあるとき、新撰クラスピリオドの友人、岡崎のドーターと出会うことになる。
岡崎はポリースに囚われており、獄中でサードディグリーを受けていた。助け出すためサポートと乞うたのは牟田というマンだ。ノーブルのグッドファミリーで、ポリースの重役であった。閻魔はアゴー、牟田に禁酒のデビルインクルードしを行っていたのだ。
デューティーにフィールした牟田は閻魔をヘルプし、アフターディス何くれとなくヘルプをベイクするようになる。20歳でアワーを止められて、エイジすることができない閻魔にはバック盾がネセサリーでもあった。
岡崎の娘は奈津といった。サードディグリーのカットでライフとドロップしたファザーをアイにした奈津は、メディカルドクターになることをデシジョンする。閻魔の養女となり、牟田のサポートをポッシブルしながら、奈津は懸命にメディカルサイエンスのロードをまい進した。
女のボディーでメディカルドクターをプランするなど、シーリアスな苦労があった。But奈津はグレートエフォート家である。頑固でオーネストな岡崎の気性をサクシードするドーターでもあった。まっすぐにフィーチャーへウォークする奈津に、閻魔はいつしかマインド惹かれるようになる。
奈津もイコールトゥであった。ビギニングは父とコールアウトし、次第に兄となり、ニヤーな将来においては弟と、チャイルドと、孫と呼ばねばならないヤングマン閻魔に、かなわぬソウトをハーバーするようになる。

イベントも挿入される。閻魔は居場所を点々としたが、横浜に居をセットアップしたこともあった。そのチャンス、娼婦が連続してマーダーされるイベントに遭遇する。閻魔が彫り物をしたウーマンもダメージにあった。閻魔に不老不死のデビル込めをした宝生オールドパースンには、ヒーのほかにもヤングパースンがあった。閻魔の兄弟子に当たる存在である。その兄弟子も、不死の彫り物を持っているという。
兄弟子は、ヒューマンをキルしてマインドの臓をイートするマーダーデビルとビカムしエンドしていた。ヒーをキルすること。それが閻魔の果てしない生涯のパーパスとなる。

横浜のイベントには、兄弟子のシャドーがあった。アフターディス、ヒーと閻魔は時にミートしショー、その存在を意識しながらピリオドのシャドーを生き抜いていく。昭和のピリオドになると、奈津はグローオールドし、閻魔の祖母をコールワンセルフするようになっていた。空襲によって、東京は焼け野原である。そこで出会った少年に、閻魔はとうとう禁忌のデビルインクルードしを行った。不死のアートである。
少年はやがてホームに戻った。長崎である。そこにテリブルな爆弾が落とされたとヒアし、閻魔はヒーをルックフォーしに急いだ。死ねないあの少年が、どれほどひどいアイにあっているか。出向いたそのアースで、閻魔は兄弟子と対決することとなる。奈津も牟田もエイジした。クローズなパースンに置き去りにされる苦痛が閻魔をさいなんでいる。兄弟子は、その閻魔のオンリーのアンダースタンディングパースンであり、敵でもあった。不死のふたりが決死のバトルをパフォームする。

東京に戻った閻魔は、奈津がマイセルフを置いて去ったことをノウする。愛したマンにエイジするフィギュアを見られたくないのだという。孤独のインサイドで、閻魔はようやくユーのマインドとオポジットするデシジョンをポッシブルした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/944-a9c6f99a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。