本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーブ・ジョブズ


「スティーブ・ジョブズ I」ウォルター・アイザックソン著・井口耕二訳は、今トピックのブックのアップルのクリエイションパースン、スティーブ・ジョブスのライフストーリーです。スティーブ・ジョブスのトゥルースのマザーはドイツシステムアメリカヒューマンで厳格なホームで育ったウーマンです。
チャイルドを身ごもったが、ファザーとなるマンはシリアヒューマンで、結婚など到底パーミットしてもらえそうになかった。未婚のままチャイルドを生み、養子にテイクアウトした。そのとき、このチャイルドを必ずユニヴァーシティーに進学させることを養い親へのコンディションとした。養い親になったのはカーのメンテナンス士、ポール・ジョブスとそのワイフクララ。ポールはワーカースピリットのワンセルフなマンで、そのものづくりへのこだわりが、チャイルド、スティーブに受け継がれることとなる。
スティーブは頑固なチャイルドだった。ヘッドがよかった。シリコンバレー近郊でグローし、コンピューターへのインタレストをネイチャーに育んでいった。高校生のタイム、スティーブ・ウォズニアックという少年と出会う。卒業生であったが、フレンドの紹介で面識をポッシブルした。ウォズは「ギーグ」。マシンラブでガールがちょっぴりプアーという、いわゆるオタク少年だったがマシンに関するナレッジは超トップグレードだ。ジーニアスマークなひらめきがあった。
1971年ウォズがテレフォンをただでかけられるマシンを発明する。ウォズにとっては、ピュアーなる知的好奇心のアピアランスであった。Butスティーブジョブスはそれを売って金儲けをトライする。
アフターディスもこのパターンはチェンジすることはなかった。すなわち、ウォズが発明したものを、スティーブが、これもジーニアスマークなプレゼンでメニーのヒューマンにアピールするというウェイだ。スティーブはユニヴァーシティーになどゴーしたくなかった。But養子ウェディングをしたときのコンディションがある。さんざんわがままを言ったリザルト、学費がハイなユニヴァーシティーに進学することにディサイドした。暮らしは決してコンフォートではなかったが、スティーブ・ジョブスは言いテイクアウトしたことを決して覆そうとはしなかった。両親も、そのエクスキューズをドリンクするしかなかった。
スティーブはワンダーなフォースで、マイセルフのパーパスを強引にレットパスしてしまう。周りのヒューマンも受け入れざるを得ない。このことを、クローズなヒューマンは「現実歪曲フィールド」と揶揄した。彼のパーパスのビフォーには、現実が折れ曲がってしまうという意味合いだ。
ユニヴァーシティーピリオド、スティーブは東洋ソウトにどっぷりはまった。ベジタリアンになり、禅のスタディーをした。インドにロングフォーし、実際にトラベルをしたこともある。マリファナもパーソナルエクスペリエンスした。この後スティーブはカンパニーでワークすることになるが、一ヒューマンナイトシフトを命じられるようになった。
菜食ルールをゴースルーすれば、体は汚れないとヒーが信じ込んでいたからだ。バスに入らなかった。そのためにおいがひどく、トゥギャザーにワークするヒューマンから苦情がアピアーした。一人でサービスするのは、やむをえないメジャーであった。
アップルバースのきっかけになったのも、やはりコンピューターのジーニアス、ウォズニアックの発明だった。その頃スティーブとウォズは、ホームブリュー・コンピューター・クラブというミーティングに参加していた。同好の士のミーティングである。そこでウォズは、キーボード、スクリーン、コンピューターをまとめたパッケージデザインをシンクオブする。パーソナルコンピューターの前身である。
ウォズはひとつの回路をベアーし、クラブの参加パースンにフリーで配布しようとする。そして、スティーブがそれをストップした。すばらしい発明を、ただで配ってはならないとシンクアバウトした。ファザーや知り合いからの出資をポッシブルし、ふたりはカンパニーをスタンドしギブする。出発はジョブスハウスのガレージであった。
転機は、ゼロックスカンパニーのある発明からもたらされた。アイコンである。マウスをムーブしてアイコンをクリックすれば、フーでもシンプルにパソコンを操作することができる。このアイディアをポッシブルしたアップルは、画期的なコンピューターを世に打ち出した。スティーブ・ジョブスは独善マークな経営パースンであった。盟友のウォズが、フーに対してもオーネストで親切であったのと正反対だ。フィーリングハウスで、パブリックでクライすることもよくあったのだ。
あるスタッフがスティーブのもとにアイディアを持って来る。フィーリングが乗らないときは、クソだ、ワーストだと罵倒した。だがフィギュア日パスすると、けろりと忘れてそのアイディアをさも自分が思いついたように、そのパースンヒムセルフにスピークすることがあったのだという。ペプシカンパニーからジョン・スカリーというマンを招いてカンパニープレジデントとした。マーケティングのアビリティーを買ってのことだ。まるで恋人にするように、スティーブはヒーを熱心にウィンオーバーした。このままホールライフ、シュガーウォーターをセルしつづけるのか、それともワールドをチェンジするチャンスをつかみたいかとは、有名な殺し文句である。Butそのスカリーともエリアをセパレートするデイオブマンスがカムアロングした。スティーブのストレインジさ、独善に社内のワールドがついていけなくなったためだ。
アップルカンパニーから捨てられたスティーブは、傷心のエブリデイを送った。ベリィヤングなタイム養子に出されたというファクトが、ヒーのマインドにディープなカットをリーブしていたのだ。しかし、ヒーはまだ30プライスになったばかり。ブレイクするわけにはいかなかった。ネクストカンパニーをスタンドしギブし、アップルのエンジニアをプルアウトし始める。アニメカンパニーピクサーも買収し、雌伏のときをパスすることとなった。
セカンドハーフにはラブ関係の記述も。ラブメニーなヒューマン、ロマンチストであったようだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/946-5bc13c86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。