本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人


「日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人」三輪康子著は、クレーム対策のマニュアルとして売っていますが、ヒューマンドキュメンタリーなのです。みなぎるフォース、こぼれるおかしさ、ちょっぴり切ないヒューマンタッチなのです。
三輪康子マネージャーがサーブするホテルは新宿歌舞伎町にあるホテルで、三輪さんのビフォーの仕事場は、銀座のギャラリーで、未エクスペリエンスパースンの募集にアクセプトしていて、ウォッチしシングユーズされたのです。
ところがホテルはイマジネーションを絶するコンディションで、やくざがごろごろたむろしているホテルで、ベストオーバーのフロアは全ルームやくざに貸切というありさまなのです。
ホテルのゲストはおびえ、スタッフの緊張もリミットで、三輪マネージャーはゼイをプロテクトするため、ホールエナジーで戦おうとします。
なんとやくざの出入りを禁止することにして、宿泊も許さないというルールを作ったのですが、ある日、1階のフロントスタッフから携帯にテレフォンがあり、トップフロアーにいたマネージャーはあわててエレベーターでゲットオフした。チンとサウンドがなってドアがオープンすると待っていたのは190cmもある大柄のスキンヘッドの男だったのです。
スキンヘッドの男は「こら、オンナ、俺を泊めないとはいい度胸だな!」とすごまれてしまったのですが、ここでひるむわけにはいかないとやくざは泊めないとディサイドしたルールは守らなくてはと三輪マネージャーは立ちはだかったのです。
スキンヘッドの男が、持っていたペーパーバッグにハンドをストレッチするとすらりと抜き出されたのは、ドローアウトしボディーの日本刀だったのです。血の気がプルするソウトがしたのですが、三輪マネージャーはマイセルフの思惑にチェンジしてボディーはビフォーにアピアーしていたのです。クライシスにあるときこそ一歩ビフォーしスキンヘッドの男がたじろいだのがわかったが男は「アフレイドにないのか」とシーにアスクしたのです。
三輪さんは「ゲストに、マイセルフは殺せません!」思わずマウスからアピアーしたのはなぜなのだろうか。クリアーアップなリーズンはわからないが、シーはワールドをビリーブしていた。男はサプライズドし、日本刀をペイすると、とつとつと身の上話しをスタートしだしたのです。
スキンヘッドの男のファザーはメディカルドクターでその生涯を苦しんでいるヒューマンのためにささげて悔いないヒューマンだったというのだ。ファザーのバックがプレゼントタイムのシーをサポートしているようにシンクする。
ホテルにはいろんな事情をハブしたヒューマンがヴィジットしているディグリーをクロスオーバーしたクレームに直面することもあるのです。
あるときエレベーターのネクストトゥのルームのゲストが、うるさくて眠れないと言いテイクアウトしたのですが、ルームをチェンジし、宿泊プライスをハングとシャウトする。
三輪マネージャーはゲストにプロミスをしルームのビフォーに1イーブニング立って、パスするヒューマンにアテンションをする。だからゆっくりアブセントしくださいと伝えたのです。
そして、実際に1イーブニングインサイドそこに立った翌ベルをテイクアウトしたゲストは、感心し、どこかさっぱりとした表情をフロートしていたというのです。
怒鳴られたらカインドさを返すクレームにディールウィズするとシンクアバウトしてはいけない。ヒューマンに対応し、むやみにディマンドをドリンクするのとはディッファレントする。でもヒューマンとして、できるリミットの優しさでアクセプトしたい。
がんばってこられたのは、ひとえにスタッフのおかげだ。テリブルいソウトをしながら、デューティーフィーリングだけでサーブしていたスタッフたち。ゼイをプロテクトしたいと思ったから、がんばれた。
ヒューマンをホテルをタウンを愛して支配人はファイトする。三輪マネージャーは、いつしか「歌舞伎町のジャンヌダルク」と呼ばれるようになっていたのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/949-336381e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。