本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を上手に透視する方法


「心を上手に透視する方法」トルステン・ハーフェナー著・福原美穂子訳の著者のハーフェナーさんは元はマジシャンで心を読む専門家としてテレビで活躍されている方なのですが、本の内容はしぐさでわかる内面の心理というこで、潜在意識の話も紹介されています。
翻訳は外国語の単語置き換え型でエピソードや豆知識のみを拾って読んでも良いです。
・先入観があるために、真実を見ている人は少ない。
焼け石に に水だ。この文章「に」が重なっているのですが、先入観を排して事実のみを見ること。よく観察すること。内面を透視することの第一歩は、そのようなことから始まるというのです。
・身体言語、言葉以外のコミュニケーション。
プロポーズをした相手がイエスと答えたのですが、その表情が怒っていたり、しかめっ面だったら、あなたは相手を信じられるだろうか。あるメッセージが発せられるのは、言葉そのものを理解する人というのは案外と少く、声の調子や大きさ、抑揚のほうがより印象に残るというのです。
・しぐさと感情。
赤ん坊の写真を見せると、人は自然に首を傾けるのは、頚動脈を無防備に見せるしぐさで、人は赤ん坊に対して自らの弱みをさらし、危険な対象ではないことを示そうとしているというのです。首をかしげるしぐさとは、信頼してほしいというポーズなのだというのです。腕組みは自分を守り相手を拒絶するポーズと考えられるているのですが、話し相手がこのしぐさをしたら、自分の話に興味を持っていると考えてよいというのです。パーティなど、人がたくさんいる場所でのこのしぐさは、誰にも邪魔されずにじっくりと話し合いたいという意味だというのです。
・相手を操る魔法の言葉。
ショーで実験を行う時にお客さんに手伝ってもらうことがあるのですが、恥ずかしがるお客さんに、何を言うと出てきてもらえるかといいますと、「立ち上がって、どうぞ前に出てきてください」と指示をふたつ与えるとそうするとなぜか、拒絶されることが少ないというのです。ですから部屋を片づけなさいではなく、二階へ行って部屋を片づけなさい。何か言ってではなく、私を見て何か言ってというように、ふたつの指示を、自信を持って言えるようになれば、相手に言うことをきかせることができるというのです。
否定の言葉を使う場合、例えば子供に、「ジュースをこぼしてはいけない」といいますと、なぜか、ジュースはこぼれるというのです。「ない」という否定語はあまりにも美しくないので、私たちはかえって逆の現象をイメージし、実行してしまうというのです。
「テーブルに食器を並べないで。ママを喜ばせたいとき以外は」するなと言われればやりたくなり、結局ママの思うつぼだというのです。
心を透視するテクニックが並んでいるのではなく、潜在意識や、ちょこっとした自己啓発のノウハウなど紹介されている本です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/955-d483cfb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。