本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエタ


「ピエタ」大島真寿美著は、本屋大賞第3位と人気の小説で、18世紀ヴェネツィアの孤児院ピエタにアントニオ・ヴィヴァルディの訃報が届く所からストーリーが始まるのですが、主人公のエミーリアも孤児で孤児院ピエタの事務の仕事をしていて、ピエタ孤児院の合奏合唱の娘たちという音楽隊の運営にも携わっているのですが、音楽隊を率いる親友のアンナ・マリーアが音楽隊に選ばれることは名誉なことだというのに裏方の仕事を担っていて、ヴィヴァルディ先生はアンナ・マリーアの音楽の才能を引き出してくれたのですが、死んでしまい、エミーリアは寄付をしてもらうために友達のヴェロニカを訪れるのですが、ヴェロニカもピエタの音楽隊に参加していたことがあり、先生の楽譜の裏に落書きをした楽譜を探してくれれば特別な寄付をするというので、エミーリアは落書きの楽譜を探すためにピエタを出て、ヴェネツィアがカーニバルに浮かれている夜の酒場で情報屋にから楽譜の行方を教えて貰おうとしたのですが、そのやり方は20代の頃にある男から教えてもらった方法で生涯に一度だけ好きになった人で、20年前に仮面をかぶってカーニバルの
ヴェネツィアで、母を探す際エミーリアを愛してはいなかったことが判明し、がっかりしたエミーリアを支えた貴族の男ですが、落書きの楽譜を探すエミーリアは高級娼婦クラウディアと知り合い、情報屋の手引きをするゴンドラ漕ぎの男はクラウディアのもとへと通うヴィヴァルディが教えたものだが、エミーリアはクラウディアをヴェロニカを引き合わせ、嫁いだ先で夫を失い、実家に戻され、不遇の日々を送っていたのですが、救いとなる家族の隠れた面を知ることになるのですが、クラウディアは病気になり懸命の看病をしたのですが治療費が払えずヴェロニカの助けを借り看病をしたのですが命が尽きる日がきて遺言どおり島の墓地にゴンドラ漕ぎが送って漕ぎながらヴィヴァルディが残した歌ったのですが、ヴェロニカが歌詞に覚えがあり驚くのですが、なんでも幼い日に孤児院の部屋で楽譜の裏に書き付けた言葉だったというのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/960-d0db5f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。