本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5年後の日本をいま買う長期投資


「5年後の日本をいま買う長期投資」澤上篤人著の澤上さんはさわかみ投信の創設者で金融屋なのですが、なんでも日本の経済は必ず立ち直るというのですが、実際は、日本の経済を立て直すのは簡単だというのですが、なんとその方法は聡明でイケメンの首相が国民に大変でしょうけれども、月に10万円ばかり無駄遣いをしてくださいと言えば景気はあっという間に回復するというのですが、日本が不景気なのは、欲しいものがなくなってしまってお金の使い道がなく貯め込まれているからだというのですが、高度成長期でもないし、何にお金を使えばよいかわからない人が多いというのですが、それなら長期の投資をしてみてはどうかというのですが、投資とは応援することで、儲かるかどうかは二の次だというのですが、普通の生活者として生き残って欲しい企業やがんばってほしい企業にお金を預けるというのですが、なんと昨年起こった東日本大震災に採算を度外視して復興のために尽くした会社があり、現地に物資を届けるための会社を応援することで、社会をよいものにしようというのですが、普通の生活者とともにある会社は必ずつぶれないというので、投資を
行って儲けてしまおうというのですが、なんと日本の株が次々と売られて、さわかみ投信はありったけの資金でそれらの株を買い支えたというのですが、目をつけた会社の株なのですが、買い支えなければ儲けがふいになってしまうため、政治の改革を期待して、消費税を上げてもらい、年金不安を解消してもらい、所得税を下げてもらい、納税者番号制度を導入してもらい、取りこぼし税金を徴収してもらい、法人税は下げてもらい、既得権益の租税特別措置法を縮小してもらい、税収の低下は避けてもらい、日本の正しい投資として銀行貯金で、間接的な投資を行ってきたのですが、これからはマーケットの大口投資が減り、年金資金が撤退し、若者が少なくなり、年金を運用することが難しくなり、個人の資金の活躍が期待できるというのですが、普通の生活者が応援する会社の株を買い、普通の生活者自身のための社会を作るのだというのですが、投資の受益者として果たして実感できるようになるだろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/962-54e43772
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。