本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らしの猫


「田舎暮らしの猫 トビー・ジャグと過ごした英国の四季」デニス オコナー著・マくマーン智子訳のライターは、大学で心理学を教えていて都会を離れてイングランドの北部の古いコテージに移り住んだのですが、なんと冬の夕刻に帰宅したところ著者の耳に恐怖に満ちた猫の叫び声が聞こえたので、探してみると雌猫が罠にかかって苦しんでいたので罠をはずしてやるとよろめきながら子どもがいる納屋に入っていったところ生まれて間もない子猫たちがいたので、獣医に見せたところ母猫は助けることはできず2匹の子猫も1匹は死んでしまい、残りの1匹は小さすぎて生き残ることは難しいと獣医がいい安楽死をすすめられたのですが、ライターは子猫をポケットに入れ足だけ靴下をはいたように白い黒猫はミルクを飲むこともできず、目ヤニだらけの黒猫はライターの献身的な世話により生き延びることができたので、トビー・ジャグと名前をつけところ独立心が高く人懐こい性格で一緒に暮らしたイングランドの美しい景色と共に描かれているので猫好きでイングランドの田舎好きの人に向いている本です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/969-77cffe62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。