本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみこどもの雨と雪


「おおかみこどもの雨と雪」細田守著は、いま公開されている映画の小説版で、監督の細田守が書き下ろした文庫本で、文章はいまいちでもそれを補うロマンと感動もののストーリーで、主人公の花は彼と出会ったときは19歳で、父を亡くして一人ぼっちになり、奨学金を貰って大学に進学し大学の講義に彼も受講していたのですが、彼は学生ではなく背が高いのですが、日に焼けて野生的な彼に恋をしてしまうのですが、不思議なもので彼の全てを受け入れられるニホンオオカミの末裔なのだと告げられたときも動揺はしなかったのですが、彼の子供をさずかり、重いつわりがあり二人きりでアパートの部屋で雪という女の子を出産をし、翌年には雨という男の子が生まれた矢先の朝になっても帰らない夫を探しに出かけるのですが、彼は無残にも死んでしまっていたので呆然としてしまうのですが、子供たちが残されているアパートで子供を育てるのですが、二人の子供は人間ではないので、行政と関わることはできず虐待を疑われ辛い目にあうのですが、笑顔を絶やさず、乾燥剤を飲んでしまった子供を小児科に行かせるべきか獣医の所に行くべきか迷うのですが、子供をつれて
田舎へと移り住み夫の故郷も美しい山で、娘の雪はのびのびと育ち、男の子の雨は泣き虫で甘えん坊で慣れない田舎暮らしに、野菜作りに悪戦苦闘するのですが、子供たちは順調に大きく育っていき、狼でも人間でも、自由に選ばせてあげたいと考え、子供たちに選択の時がきて、雪は学校にも溶け込み友達もたくさんできて、人の暮らしになじんでいるのですが、男の子の雨は山の美しさに魅入られ師を見つけ自分の世界を山に求めていくのですが、山に嵐が来て花は学校に行き雪を迎えに行きたいのですが、雨の旅立ちの日でもあり、花は雨を追い山を駆け上っていく雨を必死で追うのですが、狼として生きることを選び、花を残して山へ去っていくのですが後姿に花は雨に何もしてあげてないと叫ぶのです。
スポンサーサイト

コメント

映画はおもしろかったです!
本も面白そうですね

これからよろしくお願いします

  • 2012/07/31(火) 14:12:11 |
  • URL |
  • ゆうき #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/973-dd44a4df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。