本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生かかっても知り得ない 年収1億円思考


「一生かかっても知り得ない 年収1億円思考」江上治著の著者はファイナンシャルプランナーで、客とは契約する前に徹底してヒアリングを行うというのですが、ヒアリングによって稼ぐ人の場合は共通するものがあるというのですが、何でも15歳までの環境と、20代の体験が大切で売り方とかポジショニングが本質で共通しているものがあるというのですが、なんと稼ぐ人はボンボンではなく健康飲料のアサヒ緑健の古賀社長は成功の秘訣は何もなかったからだと答えたのですが、古賀さんは農家の4男で父親はギャンブル好きで家計は母親の働きにかかっていたので金もなく学歴もなく家を継ぐこともできなかったというのですが、何かを得たいという意欲が強く事業へと駆り立てたのですが、著者は稼ぐ人は欲張りだというのですが、親への感謝も忘れず人との出会いを大切にし、社員を家族のように扱い妻は自分と反対のタイプを選ぶというのですが、きつい物言いをする社長の横には、優しくフォローする妻がいるというのですが、離婚する人はめったになかったというので離婚した人もいたのですが、事業はたいてい一つで、手を広げることもあまりな
かったというのですが、アサヒ緑健の古賀さんは本業の他にゴルフ場の経営も行っているのですが、破綻したゴルフ場に手を差し伸べたのがきっかけだったというのですが、働く人や会員さんたちの苦労を見過ごせなかったというのですが、情だけで動いたのではなくゴルフをする人と自社の健康飲料のユーザーが同一というのですが、事業はその目的が明確でなくてはならないというのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/975-d57e5b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。