本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清須会議


「清須会議」三谷幸喜著の清須会議は織田信長が死んだ後に後継者として領地の再配分を決めるために開いた会議なのですが、清洲会議に集った者たちの内心を砕けた現代的な言葉で表現し小説にしたものですが、映画の原作にもなりひとつのストーリー構成になっていますが、鬼の権六と呼ばれた柴田勝家は信長の忠実な家臣だったのですが、すごくいい人に描かれていて武に優れ、裏表のない性格なのですが、野暮ったく信長の妹のお市の方に惚れてしまい心情は周囲の人間にも見透かされ女心には疎いのでお市の前にらっきょを差し出したりして馬鹿にされ織田家の三男の信孝を後継者として推したのですが、邪心がなく織田家のためになると信じていたのですが、丹羽長秀は清洲会議の司会をすることになり勝家とは旧知の仲で、心情的には勝家の側についているのですが、三男の信孝のライバルは兄の信雄であり大変な愚鈍で勝家への友情もありますが、狡知に長けた羽柴秀吉のゆさぶりで長秀の心は揺れ、お市の方、信長の妹は浅井家に嫁にいったのですが、信長に逆らったために殺されてしまい夫に直接手を下したのは羽柴秀吉でお市の最愛の息子の万福丸も処刑されお市は秀
吉を恨んでいるのですが、清洲会議で信孝を推す勝家に対し羽柴秀吉が信雄をかつぎ出して対抗しお市は勝家を利用することに決め、勝家の手に触れてやったり、耳元でささやいてやったり、純朴で無骨な勝家を篭絡するのですが、百姓の子として生まれた羽柴秀吉は幼い頃に手に障害があり人づき合いが苦手で出世のために陽気に振る舞い野望を秘めていますが、織田家の存続は望んでなく信長の部下として仕えたのですが、信長の子供たちでは力が無く戦国の世が長引くばかりで、清須会議は織田家の内紛ではなかったのですが、秀吉の妻の寧は夫を支えながら野心に怯え武田信玄の娘松姫は天下人への女の野望も見せているのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/977-80c0610a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。