本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来たれ、野球部


「来たれ、野球部」鹿島田真希著の鹿島田真希さんは「冥土めぐり」で芥川賞を受賞したのですが、なんと今作は青空を背景に抱き合う高校生の男女を弾んだ感じのイラストで、ライトノベルのようなイメージで、ストーリーは高校一年生の喜多は成績が優秀で野球部のエースでおまけにイケメンで女子に大人気なのですが、喜多には幼なじみの奈緒という恋人がいて、いじめられっ子の喜多は母子家庭で育ち、恋人の奈緒には友達がいないのですが、喜多を受け入れられず別の女子に気持ちを映してくれることを願っているのですが、喜多は音楽の教師から十年前に屋上から飛び降り自殺をした女子生徒が残した一冊の日記を受け取り、彼女の心境をわかろうとするのですが、日記に書かれたのは独自の世界観で共感できる内容で死んだ女子には彼氏がいるにも関わらす風俗で働いていたのですが、幼さに我慢ができず自殺したのですが、喜多は自分は特別な人間で奈緒が好きで奈緒に振り向いてもらいたいから野球や勉強を頑張っているのですが、才能がなく平凡なりに努力をしているのですが、上っ面だけ見てちやほやする同級生に軽蔑と失望を抱いているときに、奈緒は自分の本心は
喜多が好きだということに気づき奈緒は告白してしまい交際を始めて肉体関係までしてしまい喜多の心はきしみ始めてしまい、友達がいない奈緒にも少しずつ友達ができ始め美人のさやかや喜多とバッテリーを組む三浦くんと奈緒の世界が広がり始めなぜか喜多は焦りを感じ始め好きだった奈緒は自分だけのものではなく独占することはできないと思うようになり、自殺した女子と重ね始め真実の恋のすべては自殺することでしか手に入れられないのではないかと思い始めるのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/979-0c004134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。