本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日トクしている人の秘密


「毎日トクしている人の秘密」名越康文著は、思想哲学とスピリチュアルなものとミックスされた内容で生き方の指南書といったところですが、著者の名越康文さんは精神科医で仏教を学び、武道家の甲野善紀さんとは親交が深く強く影響を受けていて、思想家や武道家との付き合いも多くあり、不安を減らし楽に生きる方法を説き、毎日トクした状況で生きるというのですが、不安が付きまとい不安に動かされてしまい人生に大きな影響を与えているのですが、不幸よりも不安のほうが大きな問題で不安をなくすには、今に集中する技術を学ぶとよいというのですが、不安は未来を案じることから生じるので未来がわからないのに不幸が起きると思うから不安になるので、トラウマも同じで過去の出来事から未来を推測するから起きるので今のことだけを思うように訓練すれば良いというのですが、指標がなくてはならないので大きな世界を心の中に描くことで目の前の不安が薄まるというのですが、武道家の甲野さんは技の到達点目標地点をはるか昔の名人や達人のレベルに置いていて真里谷円四郎や松林左馬助といった伝説の人を見てきたかのように話すというのですが、目標を北極星
のようにとらえていて遠くてぶれる心配がないというのですが、日々の出来事が些細な出来事に思えてくるので小さな不安を抱くよりも大きな目標を持ち、感覚も敏感におかしなものや気持ちの悪いものから離れ、感覚を研ぎ澄まし夜歩きをするために仕事を終え家までの距離を歩きいくつかの分かれ道で今日はこっちがいい、こっちはだめだと感覚磨きを大切にすることが大事で、場の力も知るために内装や雰囲気が良い喫茶店を見つけ常連になりお気に入りの店を通い、店の客がビジネスマンばかりでグチばかりいう人達で、好きな店だったのですが馴染めなじめなかったのは、場所が持っている空気や力が大切で商談をする場所や仕事をする場所を整え、場の力を利用することで人生をラクに生きることができるというのです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/980-1b9c26a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。