本好き日記

本好き腐女子の読書日記を綴るブログです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大富豪アニキの教え


「大富豪アニキの教え」兄貴(丸尾孝俊)の著者は、メーカーに勤務していて年収約300万のダメリーマンがバリ島の日本人の実在する富豪に会いに行くのですが、バリ島の富豪は現地人に金を貸しお礼に土地を受け取っり現在の資産を築いたというのですが、資産額は試算できないほどのレベルで、自宅が25戸もあり、29社の企業を経営し5300人の従業員を抱えている富豪で、富豪は大阪生まれで、成功願者は指導者の教えを請い、相手との共通点を見つけ、親しみを感じられるようになり、親しみを持った相手を自分のことのように大切に思ったら仲良くなれ、金を貯めるにはバコーンと稼ぐことに意識をおき、お金に攻撃し一日14時間以上働き長時間働くことを積み重ね、お金を稼げるだけ稼ぎ、お金で人を助け学校や病院、孤児院に寄付し、モチベーションを保つためにリミットが外れた人を探して会い続け働き、人のために使い継続すれば必ず成功につながるというのですが、親を忘れないことは親に子犬を贈り育てる幸せを味わってもらい、子供は過保護にせず、子供のやる気を引き出し、相手を尊重するというのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bookoyaji.blog64.fc2.com/tb.php/983-83b4c8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。